「ストーリーテリング」を観た。

なんか「完全無修正版」という言葉が刺激的です。
観終わってからどこらへんが完全に無修正だったのかよくわからんかったが、おそらく濡れ場的なところのことを言うのだろう。でもあれが完全な無修正というのなら、なんだって無修正になるではないか。モザイク入ってなかったら完全無修正というんなら、アイドルのイメージビデオだって完全無修正である。なんなら時代劇だって完全無修正だ。笑っていいともだって完全無修正だ。生放送だし。生で完全無修正ってどうなんだよ。どうなんだよってこともないが。

とまあ、完全無修正で数行稼ぐのも、中身がまったくあってないようなものだったからだ。
何だったんだろうなあ。前半と後半にわかれてて、前半が障害のある男と付き合う女が、教師とセックスしてしまうような話。後半が、ドキュメンタリを撮影しようとする半端な男とか召使の老婆の話とか。
どこの部分を切り取っても中途半端で、迫るものはなかった。ポール・ジアマッティが10年前はこんな風貌なんですかってくらい別人だった。
まあ…これは観なくていいかなあ。