パレード

パレード

吉田修一「パレード」を読んだ。

面白かった。
ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた。という感じでしょうか。

なーんか若い頃を思い出させられて嫌ですね、まったく。
これで山本周五郎賞を受賞ですか…

芥川賞も取ってるので、文学とエンターテインメントの両方の新人賞を得たということですか。
それってすごいんだろうなあ。

「パレード」を読んで、「これってエンターテインメントかなあ?」とは思った。
最後の章があるせいで娯楽っぽくなってるけどね…どちらかといえば全体とおせば文学っぽいんだが。

あんまりはずれてないなあ。もう少し読んでみたいもんです。

 

パレード
吉田 修一

最後の息子 熱帯魚 パーク・ライフ 東京湾景 日曜日たち
by G-Tools

関連記事

謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。 図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。 とんでもなく...
マドンナ 奥田英朗「マドンナ」を読んだ。 面白かった。今、読むから面白いのだろう。 そそる話が詰まってるのかと思いきや、そういうのではなかった。 ...
キャンセルされた街の案内 吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。 不思議な作品だった。 短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いよう...
虚貌 雫井脩介「虚貌」を読んだ。 バイト先の人に「これは面白い。読み出したら止まらない」と言われ、貸してもらった本だ。俺にとって全く無名の作家というか、...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です