パレード

パレード

吉田修一「パレード」を読んだ。

面白かった。
ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた。という感じでしょうか。

なーんか若い頃を思い出させられて嫌ですね、まったく。
これで山本周五郎賞を受賞ですか…

芥川賞も取ってるので、文学とエンターテインメントの両方の新人賞を得たということですか。
それってすごいんだろうなあ。

「パレード」を読んで、「これってエンターテインメントかなあ?」とは思った。
最後の章があるせいで娯楽っぽくなってるけどね…どちらかといえば全体とおせば文学っぽいんだが。

あんまりはずれてないなあ。もう少し読んでみたいもんです。

 

パレード
吉田 修一

最後の息子 熱帯魚 パーク・ライフ 東京湾景 日曜日たち
by G-Tools

関連記事

あの空の下で 吉田修一「あの空の下で」を読んだ。 超短編集+エッセイ。 確かに吉田修一ならではの物語だけど、あまりに超短編なので満腹にならん。 読んでて...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...
2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...
女たちは二度遊ぶ 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」を読んだ。 タイトルの意味はよくわからないが、短編集。様々な女性がモチーフとなった短編集… 世の評価は知らないが、面...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です