パレード

パレード

吉田修一「パレード」を読んだ。

面白かった。
ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた。という感じでしょうか。

なーんか若い頃を思い出させられて嫌ですね、まったく。
これで山本周五郎賞を受賞ですか…

芥川賞も取ってるので、文学とエンターテインメントの両方の新人賞を得たということですか。
それってすごいんだろうなあ。

「パレード」を読んで、「これってエンターテインメントかなあ?」とは思った。
最後の章があるせいで娯楽っぽくなってるけどね…どちらかといえば全体とおせば文学っぽいんだが。

あんまりはずれてないなあ。もう少し読んでみたいもんです。

 

パレード
吉田 修一

最後の息子 熱帯魚 パーク・ライフ 東京湾景 日曜日たち
by G-Tools

関連記事

スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学... 「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。 身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。 面白かった。 文章が平易でよい...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
イン・ザ・プール 奥田英朗「イン・ザ・プール」を読んだ。 へえーー面白かった。 とても軽いのが良かった。読みやすかった。 正直、こういうのばかり読んで「...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です