パレード

パレード

吉田修一「パレード」を読んだ。

面白かった。
ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた。という感じでしょうか。

なーんか若い頃を思い出させられて嫌ですね、まったく。
これで山本周五郎賞を受賞ですか…

芥川賞も取ってるので、文学とエンターテインメントの両方の新人賞を得たということですか。
それってすごいんだろうなあ。

「パレード」を読んで、「これってエンターテインメントかなあ?」とは思った。
最後の章があるせいで娯楽っぽくなってるけどね…どちらかといえば全体とおせば文学っぽいんだが。

あんまりはずれてないなあ。もう少し読んでみたいもんです。

 

パレード
吉田 修一

最後の息子 熱帯魚 パーク・ライフ 東京湾景 日曜日たち
by G-Tools

関連記事

手紙 東野圭吾「手紙」を読んだ。 なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終え...
チンギス・ハーンの一族 陳舜臣の「チンギス・ハーンの一族」を読んでいる途中。 「十八史略」は宋の滅亡をもって終わり、「小説十八史略」では元のことにも少し触れてはいるものの...
キャンセルされた街の案内 吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。 不思議な作品だった。 短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いよう...
密室殺人ゲーム2.0 歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思っ...
砂漠 伊坂幸太郎「砂漠」を読んだ。 面白かった。たいしたもんだなあ。打率高いよ(あくまで俺にとってのフィーリングですから)。 なんか学生の頃が...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です