パレード

パレード

吉田修一「パレード」を読んだ。

面白かった。
ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた。という感じでしょうか。

なーんか若い頃を思い出させられて嫌ですね、まったく。
これで山本周五郎賞を受賞ですか…

芥川賞も取ってるので、文学とエンターテインメントの両方の新人賞を得たということですか。
それってすごいんだろうなあ。

「パレード」を読んで、「これってエンターテインメントかなあ?」とは思った。
最後の章があるせいで娯楽っぽくなってるけどね…どちらかといえば全体とおせば文学っぽいんだが。

あんまりはずれてないなあ。もう少し読んでみたいもんです。

 

パレード パレード
吉田 修一

最後の息子 熱帯魚 パーク・ライフ 東京湾景 日曜日たち
by G-Tools

関連記事

チルドレン 伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。 面白かった。あっぱれだった。 二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。 陣内 というキャラクター...
戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...
7月24日通り 吉田修一「7月24日通り」を読んだ。 さらっと読める中編。 ガール・ミーツ・ボーイ・ミーツ・ガールみたいな感じで、まあ錯綜するラブ・ストーリーだ...
白夜行 東野圭吾「白夜行」を読み終わった。 これはまさしく「読み出したら止まらない」本であった。読んでる自分で驚いていた。「何で止められないんだ!」 ...
キャンセルされた街の案内 吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。 不思議な作品だった。 短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いよう...
横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です