未来は今

「未来は今」を観た。

これは観たことなかった。なんか存在は知ってましたよ。
でもコーエン兄弟の作品だとは知らなかった。

ティム・バートンがやっとのことで入社した大企業で、突然社長になることになって、それでヒットアイデアを飛ばせたことで話は思わぬ方向に…というような話。…面白いのかねえ。
まーなんといいますか、最初っから最後までそんなに惹きこまれなかった。テンポが不適切というか…もう、勝手なスピーチを聞いてるようで、何も入ってこない感覚に近い。これのどこが面白いんだろうとか…それを言いだすとどうしようもないが。

コーエン兄弟があわないのかなあ。ティム・バートンとかコーエン兄弟とか、最近のスコセッシとかイーストウッドとかソダーバーグとかもだな…どうにも薄っぺらいしチープだし色褪せるし。

テリー・ギリアムとか、シャマランとか、スピルバーグとかさ、なんか「わかってる」っていうか、だいぶ前の作品でも色褪せないとか、そういうのがいいですよねえ。

 

関連記事

ヘイトフル・エイト 「ヘイトフル・エイト」を観た。 クエンティン・タランティーノの長編8作目でありタイトルにも8が入っている。ある猛吹雪の夜に、とある店にて暖...
宇宙戦争 「宇宙戦争」を観た。 6年ぶり3度目。最初に観たときはそんなに面白くないと書いていて、次に観たときは面白かったと書いている。いい加減なもん...
脳内ニューヨーク 「脳内ニューヨーク」を観た。 最初のほうはいいとして、長すぎる後半を観ていて「ダメだ、少しも面白くない」と諦めてしまった。 優れたテーマ...
プレタポルテ 「プレタポルテ」を観た。 ロバート・アルトマン監督。随分久しぶりに観た気がする。パリコレを舞台にした群像劇で、えらくたくさん人が出てくる。...
星に想いを 「星に想いを」を観た。 ティム・ロビンス、メグ・ライアン主演のラブコメ。ティム・ロビンスは車工場で働く整備員で、メグ・ライアンはアインシュ...
ハイ・フィデリティ 「ハイ・フィデリティ」を観た。 しがないレコード屋をやっているジョン・キューザックが彼女に捨てられてウダウダして、これまで付き合った女の人たちに会...