玉ねぎフライパン作戦

玉ねぎフライパン作戦

椎名誠「玉ねぎフライパン作戦」を読んだ。

いつものごとく、あっという間に読み終わります。
食べることに関しての、超軽量エッセイ。

食い物についての描写は相変わらず、美味しそうです。
コロッケを卵とじでつくる丼。うまそうだなあ。やってみたくなった。

 
そういえば先日仕事の関係で飲みに行ったとき、そのときのコンディションが良かったのかどうか、生ビールに串揚げとチーズはんぺん揚げをガツガツいったときの幸福感といったらなかった。

関連記事

新宿熱風どかどか団 また椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読んだ。 このシリーズの中では一番あっさり目という感じの本作だけど、それでも楽しさが伝わってくるよねえ。 いろ...
モヤシ 椎名誠「モヤシ」を読んだ。 たまにはこういうのを。軽くてあっという間に終わった。 椎名誠は最近ちょっと遠ざかっていた。図書館の活用で、最近の「面...
本の雑誌血風録 久しぶりに椎名誠「本の雑誌血風録」を一気に読んだ。 椎名誠の「哀愁の?」から始まるシリーズは、気が向くと何度も読み返している。 ボロボロになって、再購入...
全日本食えばわかる図鑑 椎名誠「全日本食えばわかる図鑑」をさくりと読み終わる。 書いてあった「シソ肉バター丼」というのに惹かれて、週末に作ってみた。 バターをたっぷり入れる。 ...
新宿熱風どかどか団 椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読み終えた。血風録にくらべてあっという間に読み終える印象。 いい意味ではなくて、もともとボリュームが違うから。 そ...
海ちゃん、おはよう 椎名誠「海ちゃん、おはよう」を読んだ。 まあなんとも平易な文体で、さらっと読めてしまう。これといったヤマ場もない。 どこの親も、男は面倒くさ...