水の迷宮

水の迷宮

石持浅海「水の迷宮」を読んだ。

やっぱり石持浅海だ!という感じのクオリティ。(いまいちだったという…)
なんで読むんだろう俺。

暇つぶしを求めてるのかな…と不埒なことを考えたのだが、やっぱり「今度こそ面白いんじゃないか?」と期待させられる作者だからだろう。
たぶんそうだ。

話のほうは、水族館の中で謎の事件が起こって人が死んで、いったい誰が犯人なのかって話。
根本的にはどれも一緒で、切り口が違うだけってのがなんとも量産型でいやな感じだけど、そこそこ楽しめる。

おすすめはできない。
でもどうなんでしょ、石持浅海ってマイナーだと思うんだが、ミステリー好きならまあ一回くらい読んでみてはどうでしょうかね。

関連記事

セリヌンティウスの舟 石持浅海「セリヌンティウスの舟」を読んだ。 やはり石持浅海クオリティ。 考えてみたら多作で同じクオリティを叩き出すんだから、たいしたもんかもしれ...
Rのつく月には気をつけよう 石持浅海「Rのつく月には気をつけよう」を読んだ。 連作短編。 なんか親友同士の食事会に毎度ゲストが来て、それで卓上推理っていうんでしょうか。 ...
ガーディアン 石持浅海「ガーディアン」を読んだ。 連作中篇2つ。(短編といってもいいかも) ガーディアンと呼ばれる、守護神に主人公は守られていて、主人公に危害...
月の扉 石持浅海「月の扉」を読んだ。 以前に「扉は閉ざされたまま」を読んで、そこそこ面白かったが最後がいまいちで、なんとも評価しにくかったので。 この「...
温かな手 石持浅海「温かな手」を読んだ。 また連作短編。 限定された空間で、限られた情報で、ディスカッションの果てに解決されるってのは相変わらず。 ...
耳をふさいで夜を走る 石持浅海「耳をふさいで夜を走る」を読んだ。 主人公は急遽、知り合いの女性3人を殺害することを余儀なくされて、一晩中奔走する。 という話。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です