人柱はミイラと出会う

石持浅海「人柱はミイラと出会う」を読んだ。

実に石持浅海クオリティ。連作短編集だがそれぞれしっかりトリックを織り込みましたって感じ。

題材が一風変わっていた。人柱が本当にあったり、お歯黒をする習慣があったり、参勤交代なんて制度があったり、という日本が舞台。「厄年になると危険なので日本では厄年休暇ってものがある」という世界で、そこを舞台にしてちょっとしたミステリーが展開。

まー楽しめれば楽しめるでしょうね(当たり前か)。

 
しかしこの作者は、なにかしらやりたがる感じだ。これまでのほとんど読んでると思うが、あまり浮気せず本格もので勝負したほうがいいんじゃないかな…と思うんだが。
毛色の変わったものは、もう少し本格もので地位を確立してからやらないと。ではないだろうか。

(でも、じゃあ東野圭吾の毛色の変わったものが好きか?と言われればそうでもなかったりするわけだけど)