「ウォール・ストリート」を観た。

オリバー・ストーン監督。あの「ウォール街」の続編(でいいのか?)。
「ウォール街」は面白いと思うし何度も観てる。正直期待しすぎたのかもしれないが、この「ウォール・ストリート」はさぞかし面白いだろうと思わないでもなかった。

でもどうなんだろう。観てる途中から、「あ、これは面白くないな…」と諦めてしまっていた。
なんかマイケル・ダグラスがどこまで本編に出しゃばってくるのかと思ったら全然絡んでこないし、シャイア・ラブーフの造形もいまいちで、お前はトレードの実力があるのかないのか、あまりはっきりしないねえと思った。どういったバックグラウンドがあって才能があるのかよくわからない。「ウォール街」は、チャーリー・シーンがのしあがっていく様が良かった。でもシャイア・ラブーフの成長物語も見えづらい。

何よりも、マイケル・ダグラスの企みっていうんですかね、彼の狙いというのが、子供の金をせしめるとか、なんかもうただの詐欺窃盗ですよ。これってウォール・ストリートと関係ないじゃないか!

面白くなかったかなあ。映画館で観ないでよかった。しょっちゅう五月蝿く挿入されるBGMがセンスまったくないと思った。