慟哭

慟哭
貫井徳郎「慟哭」を読んだ。

「慟哭」といえば貫井徳郎の代表作ですが、これを読んだことがあったかどうか、わからなくなっていた。
嫁は「読んでるわよ」と言う。そうなのか?

いまいちはっきりしないので、読んでみた。
確かに、読んだことあるような…いや、ないような…どっちなんだろう。

 
似たような話がいくらでもあるせいか、曖昧だ。
この話は大仕掛けがあるんだけど、それはかなり想像しやすかった。

(ここで、「追憶のかけら」の感想にて、「慟哭」を読んでいたことがわかりました)

そうか。読んでたか。
まあ…なんだろう。大仕掛けは、ないよりはあったほうがいいね。

 

関連記事

パーフェクト・ルーム 「パーフェクト・ルーム」を観た。 ひどい邦題だ。これは2008年にベルギーで大ヒットしたらしい「ロフト.」のハリウッド・リメイクなのである...
R.P.G. 宮部みゆき「R.P.G.」を読んだ。 綺麗な装丁である。題名で間口を狭めているような気がする。ちなみに題名には「ロール・プレーイング・ゲーム」とル...
光と影の誘惑 貫井徳郎「光と影の誘惑」を読んだ。 中篇4つ。あんまり重くない文体でさらっと読める。 俗っぽい内容で、火サスみたいなクオリティという気がしないで...
コレクター 「コレクター」を観た。 モーガン・フリーマンとアシュレイ・ジャドの「コレクター」ではない。ジョン・キューザック、ジェニファー・カーペンター...
シックス・センス 「シックス・センス」を観た。 随分と久しぶりに観たのだと思う。10年ぶり3度目。今回は子供と観た。 M・ナイト・シャマラン脚本監督の大ヒ...
パーフェクト・メモリー 「パーフェクト・メモリー」を観た。 ウェス・ベントリー主演。共演はケイト・ボスワース。美女が謎の美女を演じるというやつだ。2015年の作品...