慟哭

慟哭
貫井徳郎「慟哭」を読んだ。

「慟哭」といえば貫井徳郎の代表作ですが、これを読んだことがあったかどうか、わからなくなっていた。
嫁は「読んでるわよ」と言う。そうなのか?

いまいちはっきりしないので、読んでみた。
確かに、読んだことあるような…いや、ないような…どっちなんだろう。

 
似たような話がいくらでもあるせいか、曖昧だ。
この話は大仕掛けがあるんだけど、それはかなり想像しやすかった。

(ここで、「追憶のかけら」の感想にて、「慟哭」を読んでいたことがわかりました)

そうか。読んでたか。
まあ…なんだろう。大仕掛けは、ないよりはあったほうがいいね。

 

関連記事

ローグ・アサシン 「ローグ・アサシン」を観た。 ジェット・リーとジェイソン・ステイサム。二流の香りが漂うのは何故だろう。 なんとなく、ジェット・リーのすました流し...
ワイルドシングス 「ワイルドシングス」を観た。 一度観たことあったような。確かエロサスペンスだったはずだ。 デニス・リチャーズとネーブ・キャンベル。どこへ行ったん...
真夜中のサバナ 「真夜中のサバナ」を観た。 クリント・イーストウッド監督作。ジョン・キューザックとケビン・スペイシー。あと多分まだ売れて無い頃のジュード・...
LOST 第3シーズンを観終わった 悲しいことに第1シーズンや第2シーズンに比べてパワーダウンしてきてると思った。(なんかだんだんと質が落ちているような…) 登場人物が増えてきて個々...
追いつめられて 「追いつめられて」を観た。 以前観たことがある。何度か。 最後のどんでん返しがしっかりしている。途中も結構スリリング。 なので良い作品だと思っ...
女神の見えざる手 In the high-stakes world of political power-brokers, Elizabeth Sloane is the...