慟哭

慟哭
貫井徳郎「慟哭」を読んだ。

「慟哭」といえば貫井徳郎の代表作ですが、これを読んだことがあったかどうか、わからなくなっていた。
嫁は「読んでるわよ」と言う。そうなのか?

いまいちはっきりしないので、読んでみた。
確かに、読んだことあるような…いや、ないような…どっちなんだろう。

 
似たような話がいくらでもあるせいか、曖昧だ。
この話は大仕掛けがあるんだけど、それはかなり想像しやすかった。

(ここで、「追憶のかけら」の感想にて、「慟哭」を読んでいたことがわかりました)

そうか。読んでたか。
まあ…なんだろう。大仕掛けは、ないよりはあったほうがいいね。

 

関連記事

容疑者Xの献身 東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。 直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。 面白かった。 叙述であり...
クラインの壷 岡嶋二人「クラインの壷」を読んだ。 氏の評価が高いものを読んでいる。よりぬき。 「そして扉は閉ざされた」は面白かった。「99%の誘拐」は、まあま...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
マリオネット・ゲーム 「マリオネット・ゲーム」を観た。 ピアース・ブロスナン、ジェラルド・バトラー、マリア・ベロ。 なんかマリア・ベロの位置ってどうなってるんだろう。...
SAW 「SAW」を観た。 ちょっとすっきりしない後味。 途中まで、「あーよくある猟奇ものか。こういう映像はやってるよなー」的にだらっと観られて、こんな...
ワイルドシングス 「ワイルドシングス」を観た。 一度観たことあったような。確かエロサスペンスだったはずだ。 デニス・リチャーズとネーブ・キャンベル。どこへ行ったん...