慟哭
貫井徳郎「慟哭」を読んだ。

「慟哭」といえば貫井徳郎の代表作ですが、これを読んだことがあったかどうか、わからなくなっていた。
嫁は「読んでるわよ」と言う。そうなのか?

いまいちはっきりしないので、読んでみた。
確かに、読んだことあるような…いや、ないような…どっちなんだろう。

 
似たような話がいくらでもあるせいか、曖昧だ。
この話は大仕掛けがあるんだけど、それはかなり想像しやすかった。

(ここで、「追憶のかけら」の感想にて、「慟哭」を読んでいたことがわかりました)

そうか。読んでたか。
まあ…なんだろう。大仕掛けは、ないよりはあったほうがいいね。