バトル・イン・シアトル

バトル・イン・シアトル

「バトル・イン・シアトル」を観た。

実話ベースの話らしい。
WTO会議の外で起こってたデモ活動(と、そこから発展した暴動騒ぎ)の話。

ちょっと低予算なのかな?と思えなくもないような、微妙なシーンもいくつかある。
が、シャーリーズ・セロンとウディ・ハレルソンとレイ・リオッタなのだ。いいキャストだと思う。

群像劇に仕上げたかったんだろうな、という本だ。
シャーリーズ・セロンが暴動に巻き込まれて大変なことになるシーン、わー本当に大変だ大変だと思った。なかなかのシーン。

最初のデモ活動の人々に華がなくて(エミリー・ローズのしゃくれがいた)、そのせいかなあ、誰を追いかけていいのかはっきりしなくなった。しかも群像劇っぽいし。

 
悪くないシーンもあるけど、それらは力強いわけじゃなかった。
シャーリーズ・セロンと一緒にいた人って、「エネミー・オブ・アメリカ」の下着のお店の店員じゃないのか?

Ivana Milicevic という人らしいです。

 

関連記事

サイダーハウス・ルール 「サイダーハウス・ルール」を観た。 ああ「ガープの世界」の人のやつですか。そうかそうか。 全編、落ち着いた雰囲気であった。 なかなか良作だ...
ハード・プレイ 「ハード・プレイ」を観た。 何度か観てる。好きな映画。 基本的にはウディ・ハレルソンとウェズリー・スナイプスの賭けバスケの話。終盤ではロ...
サイド・エフェクト 「サイド・エフェクト」を観た。 ソダーバーグ監督作である。相性の良いときと悪いときの差が激しい。 出演は、ジュード・ロウ、ルーニー・マー...
今宵、フィッツジェラルド劇場で 「今宵、フィッツジェラルド劇場で」を観た。 ロバート・アルトマン監督の遺作。 「ゴスフォード・パーク」は面白かった。俺って群像劇が好きなのかもし...
ザ・ダイバー 「ザ・ダイバー」は期待もしてなかったが、やっぱり退屈な映画だった。何て言うのだろう、もうネタがないのだろうか。あんなトピックスで一本映画を作るのは無理が...
TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス 「TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス」を観た。 マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンによる刑事ドラマの第2シーズンである。今回の出演は...