美しい人

「美しい人」を観た。

彼女を見ればわかること」や「愛する人」のRodrigo García脚本監督である。本作は「彼女を見ればわかること」に作風は近いかと思う。
邦題は明らかに「愛する人」と相関性ありそう。というか、国内リリースは「美しい人」のほうが先なので、「愛する人」がそこに乗っかったということだろう。

観始めてすぐに気づくことだが、これワンカットなのだ。全部で9エピソードからなる作品で、ひとつのエピソードは10分前後ということになる。その各エピソードが、どれもワンカットなのである。これは非常に緊張感のある演出になっている。

キャストも非常に多彩である。ロビン・ライト、ホリー・ハンター、Amanda Seyfriedの破壊力は相変わらず、シシー・スペイセク、エイミー・ブレナマン、ウィリアム・フィクナー、変わり果てたエイダン・クイン、ジョー・マンテーニャ、グレン・クローズ、ダコタ・ファニングなど。

9エピソードのそれぞれが、ゆるーく繋がったりしている。登場人物同士が。でも大仕掛けがあるわけでもない。このへんは好みがわかれるところかもしれない。個人的には大仕掛けがあったほうがいいが、それがうまく機能する例は希有なので、これくらいでも良いのかもしれない。
ワンカットであるというのが、まず成功ポイントなのです。もうそれだけで随分と緊張感が出る。ピリッとしてて映画的。まあ9個もいらないかなーという気がしないでもないけど。

わりと面白かった。

関連記事

ラブ・アゲイン 「ラブ・アゲイン」を観た。 原題は「Crazy, Stupid, Love.」である。 主演は冴えない中年男、Steve Carellで...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観た。 世の評価は結構悪いみたいですが、俺はそこそこ楽しめた。導入はテンポいいし、序盤から中盤にかけて驚異的...
go 「GO」を観た。 サラ・ポーリー、ケイティ・ホームズ、ティモシー・オリファントとか。あと、ウィリアム・フィクナーがいつも通りエキセントリッ...
アモーレス・ペロス 「アモーレス・ペロス」を観た。 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の出世作。そしてまた、ガエル・ガルシア・ベルナルの出世作でもある...
ザ・デット ナチスと女暗殺者 「ザ・デット ナチスと女暗殺者」を観た。 2007年のイスラエル映画。なんということだ、「ペイド・バック」はリメイク版で、このイスラエル映...
ゴーストワールド 「ゴーストワールド」を観た。 わけわからんかったが相当面白かった。笑った。 いやーすごいね。何だあれは。コンビニの対決は一体何なのだ。めちゃくち...