「愛の伝道師 ラブ・グル」を観た。

まあ…とんでもない映画でしたよ。珍作。
マイク・マイヤーズ、ジェシカ・アルバ、あとベン・キングズレー。

なんだかよくわかんないけどマイク・マイヤーズが著名な人ってことになってて、愛に関して問題解決できそうってことでジェシカ・アルバが自分のチームのメンバーについて相談して、あとマイク・マイヤーズの師がベン・キングズレーで…書いてどうすんだっていうような、あってないようなストーリー。
ひたすら「おバカ」なコメディ。この「おバカ」って言葉は便利な言葉だが、ほんとは悪い意味で使うべきじゃないかな。おバカなコメディとしか言いようがない的な。
脱線しまくりのしょうもない小ネタばかりで、何をもって勝負しようとしてるんだかさっぱり。ジェシカ・アルバもそこそこ頑張ってるが、マイク・マイヤーズではなあ…せめてジャック・ブラックだったらと思わなくもない。

これは観なくていいと思います。