日曜日たち

日曜日たち

吉田修一「日曜日たち」を読んだ。

面白かった。読んでよかった。
連作短編。なんてことない日常が綴られてなんてことなく話は進行する。軽いんだが、読ませる。

冒頭の「日曜日のエレベーター」と最後の「日曜日たち」が特によかった。
毎回、謎の兄弟が登場するのだけどそれが実に謎で、そっちも気になって最後に「微妙に良かったなあ」という結末を迎えている。なんで微妙かって、はっきりと書かれてないから。でも、おそらく幸福になったんだろうと想像させてくれて、そういう読者に想像させる余地を残しているのが実に良かった。

たいしたもんだ。

なんかどんどん読みたい本が増えるな。

 

日曜日たち
吉田 修一

東京湾景 イン・ザ・プール パレード 最後の息子 熱帯魚
by G-Tools

関連記事

追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争... 「ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争」を読んだ。 これは面白いですね。 アクワイアのホームページを見ると...
ガラスの城 松本清張「ガラスの城」を読んだ。 これは結構面白かった。 話は二部からなっている。 最初は「三上田鶴子の手記」、次に「的場郁子のノート」という...
さよなら渓谷 吉田修一「さよなら渓谷」を読んだ。 なかなか面白かった。 この作者にしては珍しく、文学っぽくなかった。どちらかというと普通の小説っぽかった。 ...
2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です