ゾディアック

ゾディアック

「ゾディアック」を観てきた。

 
デヴィッド・フィンチャー監督待望の新作…なのかどうなのか。「パニック・ルーム」以来なんでしょうかね。
駄目かもしれないと思いつつも、シャマラン監督と同様に、なんか全部観てしまっている。

 
あんま前情報を入れずに観た。「実話を元にした話」ということを冒頭で知り、非常に嫌な予感がする。
序盤、緊迫感のある演出が続きわくわくする。途中くらいから誰を応援していいのかわかんなくなって眠気がする。たぶん2秒くらい寝た。終盤、トイレ行きたくなる。

 
さて…どんな映画だったかって言うとだな…まあ、駄目だったな。
てっきりサスペンスかと思いきや実録だものなあ。それでめちゃくちゃ長い。引っ張っておいて引っ張っておいて、あの結末。

いったい監督は何のためにこの時代にこの作品をお披露目したのか、さっぱりですわ。何がしたかったんだろう。
グリーン先生が途中で消えて、これまたさっぱりですわ。