モヤシ

モヤシ

椎名誠「モヤシ」を読んだ。

たまにはこういうのを。軽くてあっという間に終わった。
椎名誠は最近ちょっと遠ざかっていた。図書館の活用で、最近の「面白いかどうか知らんが話題になったミステリー本」をどんどん読み進めていたのでな。

あいかわらず椎名誠。食い物の描写が良い。あーそういえばこれ読んで、この前はビール飲みたくなったんだっけ?

椎名誠の作品は、昔からそうだけど「椎名誠の妻」のキャラクターがかなり良いよな。
かなり知的な感じを想像してしまう。

モヤシとモズクの本。
俺は嫌いじゃないけど、おすすめできないよなあ…なんか読書したって気にならない。

関連記事

全日本食えばわかる図鑑 椎名誠「全日本食えばわかる図鑑」をさくりと読み終わる。 書いてあった「シソ肉バター丼」というのに惹かれて、週末に作ってみた。 バターをたっぷり入れる。 ...
玉ねぎフライパン作戦 椎名誠「玉ねぎフライパン作戦」を読んだ。 いつものごとく、あっという間に読み終わります。 食べることに関しての、超軽量エッセイ。 食い物に...
新宿熱風どかどか団 また椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読んだ。 このシリーズの中では一番あっさり目という感じの本作だけど、それでも楽しさが伝わってくるよねえ。 いろ...
本の雑誌血風録 久しぶりに椎名誠「本の雑誌血風録」を一気に読んだ。 椎名誠の「哀愁の?」から始まるシリーズは、気が向くと何度も読み返している。 ボロボロになって、再購入...
新宿熱風どかどか団 椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読み終えた。血風録にくらべてあっという間に読み終える印象。 いい意味ではなくて、もともとボリュームが違うから。 そ...
海ちゃん、おはよう 椎名誠「海ちゃん、おはよう」を読んだ。 まあなんとも平易な文体で、さらっと読めてしまう。これといったヤマ場もない。 どこの親も、男は面倒くさ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です