パブリック・エネミーズ

パブリック・エネミーズ

「パブリック・エネミーズ」を観た。

ジョニー・デップがパブリック・エネミーなわけである。銃撃ばりばり。
他にマリオン・コティヤールが美人の役、クリスチャン・ベールも。あとちょろっとジョヴァンニ・リビシとかリーリー・ソビエスキーとか。

大恐慌の時代、といっても70年ほど前のアメリカでは、こんなに秩序のないカオス状態でした的な、そんな映画。アメリカ人はわからねえ的な。なんでこんなの撮りますかというか、どこらへんに面白みを感じるわけだよと聞きたい作品である。マイケル・マン監督なんだ。なにやってんすかマイケル・マンさんーーとでも言いたくなるような作品だった。

んー面白くなかったかなあ。

つくづく今更なんだよなあ。
どこらへんに熱い血潮を感じろというのか、とかね。

マイケル・マンって役者殺しなのかなあ。魅力のなさといったらもう…

関連記事

僕の大切な人と、そのクソガキ 「僕の大切な人と、そのクソガキ」を観た。 ジョン・C・ライリーと、マリサ・トメイ。あとCatherine Keenerとか。タイトルにある...
マリー もうひとりのマリア 「マリー もうひとりのマリア」を観た。 マリアとは、マグダラのマリアである。ああイエス・キリストものですか。 2005年の映画である。今の時代に...
M:i:III 「M:i:III」をまた観た。 と、いっても前に観たのは3年ほど前ですか。 なんか疲れてるときに昔のアカデミー賞の映画とか観るのパワーいるのだ。...
ノイズ ひょんなことから凸版印刷に見学に行く。 「見学者」というバッジをつけた俺は割と汚い格好をしていたのだが、そこにいる人たちは制服をビシッと着こなして...
永遠の僕たち 「永遠の僕たち」を観た。 「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ、Henry Hopperが主演。そして加瀬亮。監督はガス・...
オール・ザット・ジャズ 「オール・ザット・ジャズ」を観た。 てっきり「シカゴ」みたいなミュージカル映画なのかと思って観たのだが、観初めてみると「時計じかけのオレン...