ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

東野圭吾「ダイイング・アイ」を読んだ。

読み終わってみると何も残らない。軽い暇つぶし…
「またこういう感じか」というやつなのです。クライムストーリーというか。

交通事故が起きて、それで妻を亡くした夫が、加害者の男を襲う。主人公は加害者の男で、瀕死の重傷から復活すると交通事故の当時の記憶が無くなっていた。それで何があったのか探る…という話。

導入はなかなかのもので、さすがという雰囲気。だけど後は失速。
真保裕一「奇跡の人」を連想させる。あれも途中までいい感じで最後は失速してた。

なんか発表ペースを落としてでも、力作を読みたいものだ。
「どちらかが彼女を殺した」の第三弾はいつ出るんだよ?

 

関連記事

プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
使命と魂のリミット 東野圭吾「使命と魂のリミット」を読んだ。 普通…かなあ。 そんなに面白いってわけでもなかった。(なんか乱歩賞の作品を読んでるようだった) ...
レイクサイド 東野圭吾「レイクサイド」を読んだ。 短いすね。短編?中篇のボリューム。一時間くらいで読み終えたのじゃないだろうか。 評価としては、まあま...
私が彼を殺した 東野圭吾「私が彼を殺した」を読んだ。 先日、古本屋で購入したものだ。それを一気に読むことにした。 読む前から思っていたが、この本、電車の中とかで...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
超・殺人事件 東野圭吾「超・殺人事件」を読んだ。 これは以前、誰かと飲んだときに電車の中で何か読むものを・・・と適当に本棚から取り出したので、まあ何回か読んだこ...