ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

東野圭吾「ダイイング・アイ」を読んだ。

読み終わってみると何も残らない。軽い暇つぶし…
「またこういう感じか」というやつなのです。クライムストーリーというか。

交通事故が起きて、それで妻を亡くした夫が、加害者の男を襲う。主人公は加害者の男で、瀕死の重傷から復活すると交通事故の当時の記憶が無くなっていた。それで何があったのか探る…という話。

導入はなかなかのもので、さすがという雰囲気。だけど後は失速。
真保裕一「奇跡の人」を連想させる。あれも途中までいい感じで最後は失速してた。

なんか発表ペースを落としてでも、力作を読みたいものだ。
「どちらかが彼女を殺した」の第三弾はいつ出るんだよ?

 

関連記事

ガリレオの苦悩 東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。 容疑者Xとかテレビとかの、あのガリレオ。 シリーズ最新作は長編と短編の同時リリースとなったらしいです。…が...
私が彼を殺した 東野圭吾「私が彼を殺した」を読んだ。 先日、古本屋で購入したものだ。それを一気に読むことにした。 読む前から思っていたが、この本、電車の中とかで...
容疑者Xの献身 東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。 直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。 面白かった。 叙述であり...
時生 東野圭吾「時生」を読んだ。初出では「トキオ」らしい。 わりと面白く読めた。と言っても、本来の、東野圭吾作品を読む動機にはならないと思う。 動...
レイクサイド 東野圭吾「レイクサイド」を読んだ。 短いすね。短編?中篇のボリューム。一時間くらいで読み終えたのじゃないだろうか。 評価としては、まあま...
秘密 東野圭吾「秘密」を読んだ。 実は初めて。映画も観たことはない。   もちろん東野圭吾作品は、「秘密」が映画化される前から読んでいたと思う。...