アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ

4795843422.09.LZZZZZZZ.jpg

「アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ」を読んだ。

単行本でそれなりのボリュームだけど、文章は平易で一気に読んだ。
秘密主義のアマゾンを探るため、物流センターにアルバイトとして潜入し、その内情を暴露する・・・という内容だ。とりあえずそういう煽り文を読んで「おおっ」と思い、購入していた。

しかし、単なるバイト日記だ。
興味のある記述もありましたよ。俺は、アマゾンの取次は大阪屋だとばかり思っていたけど、すでに日販が入っていて、日販からの仕入れ規模が大きくなっていることは、恥ずかしながら知らなかった。

あと、仕入れ元にブックオフがあるだとかね。

そういうところは「へえ」と思って読んだが、あとは単なるバイト日記。
華やかな躍進をとげるアマゾンの影の部分として、厳しい管理下にある物流センターの風景を書いているけど、そんなのどこの物流センターだって同じだと思うし。

日本であれ海外であれ、物を作るってことは最終的には誰かが手を動かさなければならないし、それで労働賃金をギリギリまでさげるのは当然のことでしょう、と思う。

上流工程にしても下流工程にしても、残業やら単純作業やら、とにかくヒーヒー言うて働く人は必要になる。なので、アマゾンに潜入しましたが、バイトは大変でした。って言われても。

他にもアマゾン暴露・研究ものはあるので、そのへんを読んでみるかな・・・

関連記事

Apple II 1976-1986 「Apple II 1976-1986」を読んだ。 面白かった。充実した内容であった。 Windowsが本格登場する以前、Apple II とい...
これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎... 池上彰「これで世の中わかる!ニュースの基礎の基礎」を読んだ。 たまにはこういうのも読む。 宗教・民族の違いによる地域紛争とか、刑事・民事裁判...
山下章氏の「チャレンジ!!」シリーズの本... 山下章氏の「チャレンジ!!」シリーズの本がある。 むかーしに出た本で、当時も持っておりました。今はどこへ行ったのか不明。 これが復刻したニュース...
貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下... 「貧困大国ニッポン 2割の日本人が年収200万円以下」を読んだ。 巷に溢れてるワーキングプア系と一緒で、内容はそんなに目立ったところはない。 (...
ヒルズ黙示録 大鹿靖明「ヒルズ黙示録 検証・ライブドア」を読んだ。 読み応えあった。面白かった。 かなり村上ファンドについて詳しい。 テレビを観てるだけ...
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代... 城繁幸「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代」を読んだ。 「若者はなぜ3年で辞めるのか?」の続編的な本。 昭和的な年功序列を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です