「翼のない天使」を観た。

M・ナイト・シャマランの実質デビュー作。この直後に「シックス・センス」が登場する。

今まで存在は知ってたけど、観る機会がなかった。
わりと普通の映画ではある。M・ナイト・シャマランの「シックス・センス」以降の、「何かが仕掛けられてる」と期待されすぎる要素がほとんどなく、穏やかな感動系のヒューマン・ドラマ。

ある少年のなんてことない成長物語である。正直なところこの少年に魅力があまりなく、そのせいかやや単調ですらある。
でもM・ナイト・シャマランって演出にかなり特徴があると思っていて、それはなんかプロっぽいというか、やっぱり並の監督とは違うというか、普通の場面でも達者なカメラワーク。安心感ある雰囲気。

そんなわけで、基本的にM・ナイト・シャマランが好きな俺としては、「普通の映画だけど、わりと観られるなあ」と思った。
そんなに感動するわけでもなかったけど。

あと、最後にちょっとだけ「シックス・センス」以降の要素もある感じで、それも「ほおーー」と思えた。

まあ、監督が好きなら観てもいいんじゃないでしょうかね。