砂漠

砂漠

伊坂幸太郎「砂漠」を読んだ。

面白かった。たいしたもんだなあ。打率高いよ(あくまで俺にとってのフィーリングですから)。

なんか学生の頃が懐かしくなった。
ターゲットは間違いなく中年だな。読みやすく、よくできていた。もっとわかりやすいタイトルにしときゃいいのにと思うが。

学生時代に、なんか仲間になった男女が、いろいろあったりして…という一見、かなりヌルそうな雰囲気だがとても面白く読める内容になっている。

ちょっとした大仕掛けが最後にあるが、それは愛嬌って感じで、最後まで読んで「あー面白かった。よく出来てるなあ」と普通に感心してしまった。

うーむおそろしいな伊坂幸太郎。

ぜひ読んだほうがいいと思います。

 

砂漠
伊坂 幸太郎

魔王 死神の精度 終末のフール チルドレン グラスホッパー
by G-Tools

関連記事

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。 図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。 とんでもなく...
2006年 上半期に読んだ本のベストをやってみる... 2006年になって半年過ぎた。ので、上半期に読んだ本のベストをやってみる。(ブログのカテゴリわけって、こういうとき便利だ) 対象となるのは、「2006年1...
2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です