アイ・アム・レジェンド

また「アイ・アム・レジェンド」を観た。

以前にも観ているが、また観てみたわけだ。
ただ、今回はブルーレイで鑑賞。

この前というか一ヶ月くらい前にブルーレイを買ったのはいいが、一度もブルーレイで映画を観ていないままだった。(一緒に買った「エネミー・オブ・アメリカ」も観ていない)
なんということでしょう。(ビフォーアフター風)

なんということでしょうってこともないが、どんなもんか観てみようと思って、別にウィル・スミスが好きなわけじゃないけど「アイ・アム・レジェンド」で手を打った。

話については、以前に観たときと感想は同じ。
衝撃の別エンディングというのがおさめられてて、そんな衝撃でもなかったけど、確かにこれにしなくて正解ですねというラストでした。

で、映像は確かに、綺麗だった。
うちはたかが32インチのフルHDじゃない。が、それでも綺麗だと思った。
細かいところまで描写されてて確かにこれは違うと思ったのでした。

ただ、それはすぐに慣れてしまった。(その画質が当たり前となった)
見慣れると、そもそもの恩恵が薄れてしまう。

もうDVDに戻れなくなるとか、そういうことは無いと思った。(少なくとも今の時点では。もしかしたら来年くらいにはブルーレイだけ見てるかもしれないですが)