硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

「硫黄島からの手紙」を観た。

うーんんん…何と言えばいいのか。
微妙というか中途半端というか、そうだなあ何と言えば不謹慎にならないんだろうか。

 
まあぶっちゃけて面白くなかったのですよ。
「これのどこらへんが面白いということなんだろう」と本気で悩んでしまった。

 
感動する映画?
ああ、そうかそういうことか。…ってどこによ。

 
むかーし観て、そんな何度も観てない「戦場のメリークリスマス」は面白かったことは覚えている。良い映画だなと思った。「ディア・ハンター」だって「プライベート・ライアン」だって、見せ場は確かにあったことを覚えている。

 
それらと比較しても、厳しいと思うなあ。なんか全米はクリント・イーストウッドにびびってるんじゃないのか?
この人のを評価しておかないとやばいとか。

 
キャストもなあ…
主役はあのへんしかいないんだろうか。なんか日本にはあんなんしかいないとか思われてしまうんじゃなかろうか。
どうなってしまうのだろう。ほんとに「アニメとゲームの国」になってしまいますがな。

 
Wikipediaの「硫黄島の戦い」によれば、非常に凄惨な戦闘が、本土のはるか南方の島であったわけだが、そのリアリティはまったく伝わってこなかったのである。

 
2006年(第79回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
監督賞ノミネート(クリント・イーストウッド)
脚本賞ノミネート
 

関連記事

グッバイガール 「グッバイガール」を観た。 リチャード・ドレイファスが弱冠30歳くらいにしてアカデミー主演男優賞を受賞し、最年少記録を塗り替えた。 てっきり、題...
ゴスフォード・パーク 「ゴスフォード・パーク」を観た。 前から気になっていた映画。ほほおアルトマン監督ですか。面白い率高い人だよな、と勝手に支持をしている。 観終...
ゴッドファーザーPART II 「ゴッドファーザーPART II」を観た。 文句なく面白い。 最後の最後までいいシーンが続く。映画っていいですね。   前作も今作も...
我が家の楽園 「我が家の楽園」を観た。 1938年の作品で、アカデミー作品賞受賞作だ。「或る夜の出来事」のフランク・キャプラ監督によるもので、監督賞も受...
アバウト・ア・ボーイ 「アバウト・ア・ボーイ」を観た。 ヒュー・グラント。トニ・コレット、そしてレイチェル・ワイズ。 俺はじめて観たんだと思う。「アバウト・ア...
クィーン 「クィーン」を観た。 ダイアナ妃が死んだときにエリザベス女王は…という話。 すでに王室と関係ないので関わりたくないんだが世論はそれを許さなくて、...