パーク・ライフ

パーク・ライフ

吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。

表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。

…そうすね。「flowers」は面白かった。という感想でしょうか。
「パーク・ライフ」は、公園でなんか出会いがあったりちょっとした日常があったりと、非常に軽く話が進んでいくけども、そこからさほど発展もせず終わる。…と、今書いていても「どんな話だったっけ?」と首をひねるような、あまり心に残らない感じだった。

「flowers」は、仕事先でみながイライラしてシャワー室で爆発するってな話だが(どんな話だよ)、とても良かった。こちらは見事に短編的で、読んでて「ああ、良い短編を読んでるなあ」と思わされた。
なんか大江健三郎みたいな感じもあった。

そんなに大江健三郎を読んでるわけじゃないけど。

なんか判断しづらい。もう少し読んでみないと…しかしあれだ。ガーッと読んでいけば、読む本が無くなってまた別のことをやれるかなと思ってたんだが、読む本て無くなったりしないな。
いくらでも読みたい本が出てくる。

そんなわけで、「flowers」はおすすめです。

 

パーク・ライフ
吉田 修一

パレード 最後の息子 猛スピードで母は 熱帯魚 日曜日たち
by G-Tools

関連記事

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
阿修羅ガール 舞城王太郎「阿修羅ガール」を読んだ。 俺は面白かったのです。(会社でそれを言うと、これのどこが面白いのか?と感性を疑われたのだが) うーん面白か...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...
白夜行 東野圭吾「白夜行」を読み終わった。 これはまさしく「読み出したら止まらない」本であった。読んでる自分で驚いていた。「何で止められないんだ!」 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です