パラドックス13

パラドックス13

東野圭吾「パラドックス13」を読んだ。

SFだったとは。
読み始めて驚いた。まあ理系な作者だしな。

なんかブラックホール理論が関係して、ある時間に死んだ人だけが別の世界に取り残される。
彼らが協力しあってサバイバルし、しかしその別の世界はやがて崩壊しはじめていて…という話。

導入が終わるとすぐに、数人だけの世界になる。
こういう、大都市にひとりぼっち的な作品って多い。ただこの作品は、地震や嵐なんかが頻発しているので都会が都会じゃなくなっているので、生き抜くのが非常に難しい。というのがいい。

理系なので理詰めにしたいのかもしれんが、別にすべてが解明されてる必要はないと思った。
裏づけをしても、読むとは限らないというやつだ。

そうか、首相官邸か。
もし俺が大都市にひとりぼっちになったら、首相官邸を目指せばいいことはわかった。
あと拳銃はおさえておいたほうが良いだろうなあ。

 

関連記事

変身 東野圭吾「変身」を読んだ。 素直なSFドラマ、という感じ。東野圭吾ってこういうの多いな。面白いといえば面白いが、好きではない。 やたらもったいぶ...
流星の絆 東野圭吾「流星の絆」を読んだ。 図書館で予約して、どれだけ待たされたかなあ。半年以上経って、やっとまわってきた。 ドラマ化もされて有名ですよね。...
私が彼を殺した 東野圭吾「私が彼を殺した」を読んだ。 先日、古本屋で購入したものだ。それを一気に読むことにした。 読む前から思っていたが、この本、電車の中とかで...
闇に香るもの 北方謙三選「闇に香るもの」を読んだ。 今となっては随分と前、アパート探しに不動産屋をまわっていたとき、移動時間に何か読むもの・・・と、本屋で適当に...
ゲームの名は誘拐 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」を読んだ。 じつに東野圭吾らしいというか。軽さが。 どんでん返しも実にそれっぽい。「さあーそろそろ引っくり返しますよ...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...