ファイト・クラブ

ファイト・クラブ

「ファイト・クラブ」を観た。

駄目だと思いながら頑張って2時間以上耐えていた自分がいたのだがそのあたりどうなのだろう。ブラッド・ピットも駄目であった。「セブン」でようやく認めたのにやっぱりあかん。エドワード・ノートンも「真実の行方」で凄い役者だと思ったのに、もうあかん。それにどうでもいいのかもしれないがヘレナ・ボナム=カーターはお前はいつまでもそういう位置でいいのか。いや、そんなひどい言い方もないか。

最近、再び「小説十八史略」を読み始める。これで何度目だろうか。10回?いやいや、もっと読んでいる。暇つぶしにはこれは最適である。
ところで今日は「主犯パンチネロ」の仕込みであった。畜生、雨め。

関連記事

Visual Basicの本 Visual Basicの本は半分ほど読み終えた。 ただこれは入門書なので、先は長い。読みたい本は山積み状態だ。 突然にホームページのデザインの更新...
12モンキーズ 「12モンキーズ」を観た。 何回も観てる。観るたびに、「ああ、そうかそういう話だったか」と頭の中が整理されていく。 特に難解ってわけでもないが、...
ホワイトアウト 椎名誠にはまってしまった。「銀座のカラス」上下巻を一気に読む。非常に疲れた。でも「哀愁の-」のほうが面白かった。 「ホワイトアウト」を観た。 ...
雨の新宿 夕方から前のバイト先の知り合いと飲む。雨の新宿。なんだっけか、前に飲んだときも雨が降ってなかったか。 その後ゲーセンに行ってたら終電を逃す。そしてタクシー...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を観た。 まったく前情報なしで観た。アカデミー作品賞にノミネートされた、というくらいしか知らない。 ...
バベル 「バベル」を観た。 そうかそうか「21g」と同じ監督か。なるほど。 まあ「21g」は面白い映画だなあと思ったけれども、これは少し散漫な感じだった...