30代 新しいPC

一年以上前から考えていたのだけど、正確には2002年に入ったころだろうか。「もう芝居を辞めよう」と思ったのだった。

20代は本当に好きなことを好きなだけやった。面白かった10年間だった。20代と言っても19歳からか。
それで、その頃から考えていたのは、「30代は違う10年間にしよう」ということだった。
「あれはあれで楽しかった。でも違う面白さもあるはずだ」と思った。
それで、その準備期間として29歳の一年間を就職への布石としようと鋭く考えたのだ。

結果として、準備もへったくれもなく、忙殺のまま30歳に突入した。
何だか早くも燃え尽きそうなくらいの予感さえする。
どうなるんだろうか。

 
ところで、パソコンを買う。
嫁が、「パソコンが欲しい」と言い出したのだ。
「インターネットが出来てメールが出来ればいい」のだと言う。
なのでネットでふらっと探してみて、数万で買えるのだなあ・・・安いもんだなあ・・・と思ってたら、購入してた。

しかも自分にも。
嫁には安いパソコンだ。アスロンCPUに128MBメモリ。グラフィックもサウンドもオンボードだ。HDDは20GB。モニタは15インチ。
かたや俺の方は、ペンティアム4、しかもFSB800である2.60CGHz、メモリは512MB、グラフィックはGeForce5200(少し遠慮)、
あとHDDは120GBを2つで240GB。モニタは19インチ。

わけがわからん。