容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。

直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。
面白かった。

叙述でありながら、倒叙で。とても好きなパターンである。
(ちなみに大仕掛けは、今回は読めなかった)

ただ、短い。なんかすぐ読み終わってしまって、もう少しあってもよかった。
想いを寄せる女性への「献身」なのだろうが、肝心の女性に魅力がまったく感じられず、どうして?と思わずにはいられなかった。

あと探偵側も魅力はなかった。

総合的に面白くなってたので「ほっとした」という気持ちだろうか…
なんか「白夜行」で直木賞をとってるほうがしっくりくるんだがなあ。

関連記事

THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション... 「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」を観た。 邦題が「THE FORGER」なのか「ザ・フォージャー」なのかはっきりし...
イン・ザ・プール 奥田英朗「イン・ザ・プール」を読んだ。 へえーー面白かった。 とても軽いのが良かった。読みやすかった。 正直、こういうのばかり読んで「...
最愛 真保裕一「最愛」を読んだ。 最後まで一気に読み進めた。かなりワンシッティング。それは素晴らしいことだと思った。 …しかし。 読み終わっての...
コレクター 「コレクター」を観た。 モーガン・フリーマンとアシュレイ・ジャドの「コレクター」ではない。ジョン・キューザック、ジェニファー・カーペンター...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...
サウスバウンド 奥田英朗「サウスバウンド」を読んだ。 なんか最近は奥田英朗ばっかりだな。 前半と後半で、がらりと舞台が変わる。 ずいぶんと変わるのだ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です