25時

25時

「25時」を観た。

刑務所に収監される前の、最後の夜の主人公と、それを取り巻く人間模様。
スパイク・リー監督の作品。

 
面白くなかったなあ。

エドワード・ノートンとかフィリップ・シーモア・ホフマンとか、バリー・ペッパーとか。
いい感じで悪くない。

でも面白くない。

全体がダラダラしてて展開が無さすぎ。ドラマ性が皆無なわけだ。
あと主人公に同情できない。

あと9.11に関連づけてるのは、一体何なんだ?

 
スパイク・リーってのが合わないのかもなあ。
時間がもったいなかった。

 

関連記事

イーグル・アイ Jerry and Rachel are two strangers thrown together by a mysterious phone cal...
エネミー・オブ・アメリカ 「エネミー・オブ・アメリカ」を観た。 もう何度観たかわからない。といっても10回くらいだろうか。 好きな映画。エンタメとして適切なテンポ...
セント・オブ・ウーマン/夢の香り 「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」を観た。 これも久しぶりだ・・・ 今観てわかるのは、こいつはいい映画だよなあということだ。 たいしたもんだ...
あの頃ペニー・レインと 「あの頃ペニー・レインと」を観た。 たぶん初めて観たのだと思う。えっこれでケイト・ハドソンは助演ノミネートなんですか!?えっ脚本賞を受賞な...
白い沈黙 「白い沈黙」を観た。 ライアン・レイノルズ主演。監督は「デビルズ・ノット」のアトム・エゴヤン。 共演にロザリオ・ドーソン、ミレイユ・イー...
レッド・ドラゴン 「レッド・ドラゴン」を観た。 嫁が「そういえば『ハンニバル・ライジング』を観たいわ。借りてこないの?」と言い、どうしてハンニバル系なんか観たいんだ...