25時

25時

「25時」を観た。

刑務所に収監される前の、最後の夜の主人公と、それを取り巻く人間模様。
スパイク・リー監督の作品。

 
面白くなかったなあ。

エドワード・ノートンとかフィリップ・シーモア・ホフマンとか、バリー・ペッパーとか。
いい感じで悪くない。

でも面白くない。

全体がダラダラしてて展開が無さすぎ。ドラマ性が皆無なわけだ。
あと主人公に同情できない。

あと9.11に関連づけてるのは、一体何なんだ?

 
スパイク・リーってのが合わないのかもなあ。
時間がもったいなかった。

 

関連記事

シン・シティ 「シン・シティ」を観た。 うーん微妙。 もともと「面白いんかなあ…」という気持ちで借りた。すでに後ろ向きである。 ロバート・ロドリゲスと相...
メン・イン・ブラック2 「メン・イン・ブラック2」を観た。 「メン・イン・ブラック」の続編である。2002年の作品ということで、前作から5年後に作られたわけだ。 ...
セント・オブ・ウーマン/夢の香り A prep school student needing money agrees to "babysit" a blind man, but the...
RENT 「RENT」を観た。 ミュージカルであるとか、ロバート・デ・ニーロが何でかプロデュースでしゃしゃり出た映画だとか、そういう知識しかない。 ...
ブギーナイツ 「ブギーナイツ」を観た。 嫁が先日、「ビッグムービー」のヘザー・グラハムを観た際に、「ヘザーグラハムといえば『ブギー・ナイツ』での脱ぎっぷりには当...
セント・オブ・ウーマン/夢の香り 「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」を観た。 これも久しぶりだ・・・ 今観てわかるのは、こいつはいい映画だよなあということだ。 たいしたもんだ...