25時

25時

「25時」を観た。

刑務所に収監される前の、最後の夜の主人公と、それを取り巻く人間模様。
スパイク・リー監督の作品。

 
面白くなかったなあ。

エドワード・ノートンとかフィリップ・シーモア・ホフマンとか、バリー・ペッパーとか。
いい感じで悪くない。

でも面白くない。

全体がダラダラしてて展開が無さすぎ。ドラマ性が皆無なわけだ。
あと主人公に同情できない。

あと9.11に関連づけてるのは、一体何なんだ?

 
スパイク・リーってのが合わないのかもなあ。
時間がもったいなかった。

 

関連記事

プライベート・ライアン 「プライベート・ライアン」を観た。 何度も観たことある。最後に観たのは8年前なのか。スピルバーグの代表作の一つ。多彩なキャスト陣と当時とし...
ノーバディーズ・フール 「ノーバディーズ・フール」を観た。 ポール・ニューマン、ジェシカ・タンディ、ブルース・ウィリス、メラニー・グリフィス、そしてフィリップ・シ...
ラウンダーズ 「ラウンダーズ」を観た。 かなり久しぶりに観た映画。1998年の作品で、主演はマット・デイモン。ほかにエドワード・ノートン、ジョン・マルコ...
unknown/アンノウン 「unknown/アンノウン」を観た。 2006年の作品。なんとなく存在は知ってたような気がする。でも食わず嫌いで観ていなかった。 キャ...
あの頃ペニー・レインと 「あの頃ペニー・レインと」を観た。 たぶん初めて観たのだと思う。えっこれでケイト・ハドソンは助演ノミネートなんですか!?えっ脚本賞を受賞な...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)... 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観た。 タイトル長いな。これは「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを...