陽気なギャングが地球を回す 陽気なギャングの日常と襲撃

伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」を読んだ。

「地球を回す」のほうが面白かった。「日常と襲撃」は完全に番外編という雰囲気。
なんか文体的に、初期な感じがした。

「地球を回す」は、オチがかなり読めてしまうところがあったが、それでも軽くて読みやすかった。
なにより物語が終わってもすぐに「日常と襲撃」を読み始められるというのが、とても素晴らしかった。

ERをテレビで観るんじゃなくてDVDで一気に観る感覚かなあ。

「日常と襲撃」は、ちょっと伏線をはりすぎじゃないのか?と思ったが、それを適当に片付けて唐突に終わるので、なんとも。

面白かったけど。軽かったし。

二冊を読むのに一日かかってないんじゃないのかなあ。本当に軽かった。

伊坂幸太郎はいいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です