生きてこそ

生きてこそ

「生きてこそ」を観た。

実話をもとにした話。雪山に不時着して助けが絶望的になって、遺体を食うことで生き延びる、そういう話。
テーマからして重いが、なかなかの力作だと思った。演技もそうだし、話自体もガツンとくる。あと撮影も大変だったのではないかと思わせる、色々な要素で。

肝心の遺体を食うところですが、それこそ極限状況にあることは散々説明されているし、意外にも表現はあっさりで、それこそ拒否感は漂ってこない。何より事実であるという重みがねえ…もういろんなものが吹き飛んでしまうパワーを持ってると思いますよ。こういう内容で、事実であるってのは。

なんでこれアカデミー作品賞とかノミネートされないんだ?

邦題からして、人肉食を許してるところはあるよな。緊急事態なんだからという。
というか、この実際の事件についても、Wikipediaに詳細に載ってるというのがすごいと思いませんか。30年以上も前の出来事だよ。

関連記事

クロッシング 「クロッシング」を観た。 リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルの3つの物語が交錯する。ほかにウィル・パットンとかエレン・バー...
アナーキー 「アナーキー」を観た。 イーサン・ホーク、エド・ハリス、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジョン・レグイザモ、アントン・イェルチンなど。あとダコタ・...
ビフォア・ミッドナイト 「ビフォア・ミッドナイト」を観た。 なんと驚くことに「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」「ビフォア・サンセット」の続編...
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)... 「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」を観た。 どうもDVDジャケットの二人は、首を絞めあっているようにしか見えない。 ...
その土曜日、7時58分 「その土曜日、7時58分」を観た。 シドニー・ルメット監督作であることは、観終わってから知ることである。 ジャケットからフィリップ・シーモア・ホ...
プリデスティネーション 「プリデスティネーション」を観た。 面白かった。 やはりタイムトラベルものには甘い俺。 時空警察のイーサン・ホークは爆弾魔を追って...