ダウン・イン・ザ・バレー

ダウン・イン・ザ・バレー

「ダウン・イン・ザ・バレー」を観た。

前知識は一切なし。タイトルロゴのゆるい感じから、純愛ドラマではないか?とは予想した。
果たして、のっけから純愛一直線。

年くったけど純粋な青年と、ぎりぎり未成年的な少女と、何だかやっていいんだかいけないんだか微妙な関係のお話っぽくなった。(やってるけど)

 
親(デヴィッド・モースはいい役者だな)が猛反対してるので、障害がある恋物語かな…と思いきや、途中から話が一転。あーあーそういう話なんですか。

 
いや、それはどうなんですか。

まったくスッキリしない後味で、これはまさにエドワード・ノートンのマスターベーションでしかないと思った。
少女がちょっとジェニファー・コネリーっぽい感じで、ぜひ有名になってほしいものです。

 
これは観なくてもよかったかなあ。
 

関連記事

世界中がアイ・ラヴ・ユー 「世界中がアイ・ラヴ・ユー」を観た。 ウディ・アレンでしかもミュージカル。 もう観ることもないだろうなあ。いや面白いわけでも面白くないわけでもな...
ディスタービア 「ディスタービア」を観た。 面白くなかった。 ストーリーがいけなかったんだろう。 自宅謹慎になった少年が、退屈なので隣人を双眼鏡でのぞいた...
ママが泣いた日 「ママが泣いた日」を観た。 主演はジョアン・アレンとケビン・コスナー。ジョアン・アレンの娘役に、ケリー・ラッセル、エヴァン・レイチェル・ウ...
ダイアナの選択 「ダイアナの選択」を観た。 前に一度観たことある。非常に自分の中では評価が高く、その年のベスト1に推した。 エヴァン・レイチェル・ウッド...
シモーヌ 「シモーヌ」を観た。 前に観たことある。 コメディですよね。アル・パチーノが出るとそんな雰囲気じゃなくなってしまう。 シモーヌ役の美女、こ...
カリフォルニア・トレジャー 「カリフォルニア・トレジャー」を観た。 ひどい邦題だ。マイケル・ダグラスとエヴァン・レイチェル・ウッド。製作に「サイドウェイ」のAlexa...