ダウン・イン・ザ・バレー

ダウン・イン・ザ・バレー

「ダウン・イン・ザ・バレー」を観た。

前知識は一切なし。タイトルロゴのゆるい感じから、純愛ドラマではないか?とは予想した。
果たして、のっけから純愛一直線。

年くったけど純粋な青年と、ぎりぎり未成年的な少女と、何だかやっていいんだかいけないんだか微妙な関係のお話っぽくなった。(やってるけど)

 
親(デヴィッド・モースはいい役者だな)が猛反対してるので、障害がある恋物語かな…と思いきや、途中から話が一転。あーあーそういう話なんですか。

 
いや、それはどうなんですか。

まったくスッキリしない後味で、これはまさにエドワード・ノートンのマスターベーションでしかないと思った。
少女がちょっとジェニファー・コネリーっぽい感じで、ぜひ有名になってほしいものです。

 
これは観なくてもよかったかなあ。
 

関連記事

コンタクト 「コンタクト」を観た。 嫌いじゃないSF。宇宙ってのがいい。 クライマックスのジョディ・フォスターが宇宙空間を旅するのが目玉だが、そこに行き着く...
幻影師アイゼンハイム 「幻影師アイゼンハイム」を観た。 エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール。 いいキャストだ。それにしてもなんだこの邦題は。...
ダイアナの選択 「ダイアナの選択」を観た。 前に一度観たことある。非常に自分の中では評価が高く、その年のベスト1に推した。 エヴァン・レイチェル・ウッド...
ザ・ロック 「ザ・ロック」を観た。テレビでやってたのを。 久しぶりに観た。これまで何回か観てるが、やはり面白いと思う。 よーく考えてみたらストーリーとか構成...
ティモシーの小さな奇跡 「ティモシーの小さな奇跡」を観た。 ディズニー配給の現代ファンタジードラマだ。ジェニファー・ガーナー、Joel Edgertonの夫婦には...
ラウンダーズ 「ラウンダーズ」を観た。 ※別エントリと重複していますがご容赦 気がつくと結果的にそうなっていたのだがファムケ・ヤンセンという女優つながりで...