ダウン・イン・ザ・バレー

ダウン・イン・ザ・バレー

「ダウン・イン・ザ・バレー」を観た。

前知識は一切なし。タイトルロゴのゆるい感じから、純愛ドラマではないか?とは予想した。
果たして、のっけから純愛一直線。

年くったけど純粋な青年と、ぎりぎり未成年的な少女と、何だかやっていいんだかいけないんだか微妙な関係のお話っぽくなった。(やってるけど)

 
親(デヴィッド・モースはいい役者だな)が猛反対してるので、障害がある恋物語かな…と思いきや、途中から話が一転。あーあーそういう話なんですか。

 
いや、それはどうなんですか。

まったくスッキリしない後味で、これはまさにエドワード・ノートンのマスターベーションでしかないと思った。
少女がちょっとジェニファー・コネリーっぽい感じで、ぜひ有名になってほしいものです。

 
これは観なくてもよかったかなあ。
 

関連記事

レッド・ドラゴン 「レッド・ドラゴン」を観た。 嫁が「そういえば『ハンニバル・ライジング』を観たいわ。借りてこないの?」と言い、どうしてハンニバル系なんか観たいんだ...
マーダー・ライブ 殺人中継 「マーダー・ライブ 殺人中継」を観た。 TVムービー。デヴィッド・モース主演。 なんともなタイトルだけど、意外にまともな感じだった。 生放...
ファイト・クラブ 「ファイト・クラブ」を観た。 以前に観たときってのは、かなり前である(実に10年前というのが驚きだ。このエントリのために、前に観たときの記録を復活...
ティモシーの小さな奇跡 「ティモシーの小さな奇跡」を観た。 ディズニー配給の現代ファンタジードラマだ。ジェニファー・ガーナー、Joel Edgertonの夫婦には...
グランド・ブダペスト・ホテル 「グランド・ブダペスト・ホテル」を観た。 ウェス・アンダーソン監督作である。「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ダージリン急行(と、「ホテル...
真実の行方 「真実の行方」を観た。 なんかエドワード・ノートンもので当たりを引いてないので、ここは原点でしょうと久しぶりに鑑賞。 やはり面白い。ちゃんとどん...