バードケージ

バードケージ

「バードケージ」を観た。

ゲイクラブの経営者、ロビン・ウィリアムズの息子がキャリスタ・フロックハートと結婚することになって、その親のジーン・ハックマンが顔合わせでやってくる、という話。ジーン・ハックマンは上院議員でゲイ不理解者で、どうなっちゃうんだ的なコメディ。

ロビン・ウィリアムズもそこそこ達者だし、ジーン・ハックマンも堅そうに見えるし、キャスティングとしては良いんじゃないかと思う。キャリスタ・フロックハートが30歳過ぎにしてティーンの役をやるのはどうかと思った。
しかしこの映画で一番光ってたのは、ロビン・ウィリアムズのパートナー役のゲイである、ネイサン・レインという人だろう。えらく達者すぎ。どうやら後年カミングアウトしたらしく、あれは半分地も入ってたのだなというような演技。そりゃ滲み出るものが違うか。

全体的にドタバタしてて、最後はジーン・ハックマンも女装してるし、それがまた巨人すぎるし、そこそこ面白い。
シチュエーションコメディって大笑いできないと辛いと思うが、そこまで笑えはしなかった。舞台版とかなら結構面白いのかも。

関連記事

エネミー・オブ・アメリカ 「エネミー・オブ・アメリカ」を観た。 もう何度観たかわからない。といっても10回くらいだろうか。 好きな映画。エンタメとして適切なテンポ...
ワイアット・アープ 「ワイアット・アープ」を観た。 ローレンス・カスダン監督、ケビン・コスナー主演兼製作というものだ。1994年の作品。 前から存在は知って...
エネミー・ライン 「エネミー・ライン」を観た。 3をレンタルしてるのを見て、そんなに面白いのかと思ったもので。どうもB級くさいジャケットといい、オーウェン・ウィルソ...
エネミー・オブ・アメリカ また「エネミー・オブ・アメリカ」を観た。 「説得力あるなあ、この映像」とかボーッと考えてたら、あることを思いついた。この映画は監督はトニー・スコッ...
ニューオーリンズ・トライアル 「ニューオーリンズ・トライアル」を観た。 以前にも観ている。これとかこれとか。三年半以上ぶりに観たことになる。 やっぱり感想は以前と...
フェイス・オブ・ラブ 「フェイス・オブ・ラブ」を観た。 アネット・ベニング、エド・ハリス、ロビン・ウィリアムズ。 人生の夕暮れ時に差し掛かっているアネット・ベ...