理想の女

「理想の女」を観た。

昔。貴族。つまりコスチュームプレイ。
スカーレット・ヨハンソンってこういうの似合うのかなあ。

てっきりスカーレット・ヨハンソンがバリバリの主演だと思ってましたが、これはヘレン・ハントの映画だな。
つうかヘレン・ハントの老けっぷり(メイク?)に驚いた。あの顔であの体つきは…ちょっと変だろう。

スカーレット・ヨハンソンも、ちょっとどうかと思うようなドレスを着たりする。
本当に昔の貴族は社交会であんな恰好をしてたのか。

スカーレット・ヨハンソンとヘレン・ハントの微妙な関係を楽しむ映画である。事実は観客は知ってるんだが、ヘレン・ハントがそれを言うかどうかである。
それって何だ。まあ観ればわかる。

ヘレン・ハントは達者だったかなあ。比べて、スカーレット・ヨハンソンはいかにも若すぎて、どうも不利だと思った。
あの恰好は凄かったけど。

 

関連記事

ボビー 「ボビー」を観た。 豪華スター競演の、群像劇。 嫌いではないジャンル。 へー、エミリオ・エステベスが脚本・監督なんだ。 (昔の映画で...
ママの遺したラヴソング 「ママの遺したラヴソング」を観た。 感動ドラマに分類される作品か?アメリカ文学、再生、自分探し。   スカーレット・ヨハンソンとジョン・ト...
真珠の耳飾りの少女 「真珠の耳飾りの少女」を観た。 コリン・ファース、スカーレット・ヨハンソン、トム・ウィルキンソン。あとキリアン・マーフィ。 フェルメール...
ハート・オブ・ウーマン 「ハート・オブ・ウーマン」を観た。 えーっと・・・なんでしょう、普通に面白かった。 本が素直でよい。二度目の感電で、能力を失うシーンで「あーもっ...
失恋セラピスト 「失恋セラピスト」を観た。 こういう映画があったのね…サラ・ジェシカ・パーカーとEric Schaefferという男が主役。Eric Sc...
ロスト・イン・トランスレーション 「ロスト・イン・トランスレーション」を観た。 一度観ようとして最初のあたりを観て、それで「ちょっとこれは…」と思い挫折。今回やっと観た。 なんで...