ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ

「ワールド・オブ・ライズ」を観た。

リドリー・スコット監督。レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ。
中東が舞台で、二人以外はあまり知らない顔ばかり。

命を張って働くCIA諜報員と、その上司。
どうしてもアメリカ側の視点だから偏ってなくもないが、それはそれで。

ディカプリオが熱演。というか、熱演のように見える達者な演出。「ブラッド・ダイヤモンド」みたいだな。
全体的に頑張ってるじゃないかと思った。話も整理されてわかりやすいし、かなり偏見だなあと感じずにはいられないけど、映画としてはかなりの力作ではないでしょうか。

しかしリドリー・スコットは70歳過ぎにして、どうしてこんな映画を作れるのか。
不思議ですなあ。

関連記事

ボーン・レガシー 「ボーン・レガシー」を観た。 一度観たことある。今回は子供と観た。これまでのシリーズを観た流れである。しかし本作は続編という感じでもない。...
ブレードランナー 最終版 ※エントリ重複してますが ホームページの更新作業に追われているうちに、いつのまにか年が明けてた。 もちろんそれは嘘であって、それでも何気なく21...
シンデレラマン 「シンデレラマン」を観た。 実は初めて観た。ロン・ハワード監督作。ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ。 大恐慌...
HERO 野望の代償 を観終わった 「HERO 野望の代償」を観終わった。 全6話のミニドラマ。2015年の作品で、主演はオスカー・アイザック。共演にAlfred Molin...
ハンニバル 「ハンニバル」を観た。 とても久しぶりに観た。2001年の作品でリドリー・スコット監督。 前作「羊たちの沈黙」からの続編となっている...
リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!... 「リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!」を観た。 何だか不思議な作品だったけど、わりと面白かったんじゃないでしょうか。 冒頭が...