ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ

「ワールド・オブ・ライズ」を観た。

リドリー・スコット監督。レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ。
中東が舞台で、二人以外はあまり知らない顔ばかり。

命を張って働くCIA諜報員と、その上司。
どうしてもアメリカ側の視点だから偏ってなくもないが、それはそれで。

ディカプリオが熱演。というか、熱演のように見える達者な演出。「ブラッド・ダイヤモンド」みたいだな。
全体的に頑張ってるじゃないかと思った。話も整理されてわかりやすいし、かなり偏見だなあと感じずにはいられないけど、映画としてはかなりの力作ではないでしょうか。

しかしリドリー・スコットは70歳過ぎにして、どうしてこんな映画を作れるのか。
不思議ですなあ。

関連記事

ドライヴ 「ドライヴ」を観た。 ライアン・ゴズリングとキャリー・マリガン。途中で出てくるChristina Hendricksは、一瞬エミリー・ブラ...
スティーブ・ジョブズ 「スティーブ・ジョブズ」を観た。 以前、アシュトン・カッチャーがジョブズを演じた映画とは別。アーロン・ソーキン脚本、ダニー・ボイル監督であ...
マン・オブ・スティール 「マン・オブ・スティール」を観た。 スーパーマンである。「スーパーマン・リターンズ」は一体なんだったのであろうか。 今回、実に「スーパー...
ブレードランナー 「ブレードランナー」を観た。 今回観たのはファイナル・カット版である。 久しぶりに観てみるかなあと思ったら、ファイナル・カット版も同梱でレンタル...
マスター・アンド・コマンダー 「マスター・アンド・コマンダー」を観た。 凡なタイトルだ。そしてコスチュームプレイ。 そのとっつきにくさとは裏腹に、そこそこ面白かったのです。 ...
ヒューゴの不思議な発明 「ヒューゴの不思議な発明」を観た。 マーティン・スコセッシ監督最新作。とはいっても、レオナルド・ディカプリオもマーク・ウォールバーグも出てこない。...