ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ

「ワールド・オブ・ライズ」を観た。

リドリー・スコット監督。レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ。
中東が舞台で、二人以外はあまり知らない顔ばかり。

命を張って働くCIA諜報員と、その上司。
どうしてもアメリカ側の視点だから偏ってなくもないが、それはそれで。

ディカプリオが熱演。というか、熱演のように見える達者な演出。「ブラッド・ダイヤモンド」みたいだな。
全体的に頑張ってるじゃないかと思った。話も整理されてわかりやすいし、かなり偏見だなあと感じずにはいられないけど、映画としてはかなりの力作ではないでしょうか。

しかしリドリー・スコットは70歳過ぎにして、どうしてこんな映画を作れるのか。
不思議ですなあ。

関連記事

アンドロメダ・ストレイン 「アンドロメダ・ストレイン」を観た。 追悼トニー・スコットということなのである。 この作品はマイケル・クライトン原作でずっと昔の映画...
ブロークンシティ 「ブロークンシティ」を観た。 マーク・ウォールバーグ、ラッセル・クロウ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。他にジェフリー・ライト、バリー・ペッ...
シャッター アイランド 「シャッター アイランド」を観た。 スコセッシとディカプリオのコンビが再びというやつだ。「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「...
マイ・ルーム 「マイ・ルーム」を観た。 ダイアン・キートンとメリル・ストリープが姉妹。原題「Marvin's Room」。Marvinてのは二人の父。 メリル...
HERO 野望の代償 を観終わった 「HERO 野望の代償」を観終わった。 全6話のミニドラマ。2015年の作品で、主演はオスカー・アイザック。共演にAlfred Molin...
インサイダー 「インサイダー」を観た。 前に観たのは6年前だ。 久しぶりにマイケル・マンの重厚長大な演出を堪能するべく久しぶりの鑑賞である。やはり面白...