「アリス」を観た。

なんかホラーっぽい雰囲気。昔のイギリスが舞台なのだろうか、あるお屋敷に養女としてもらわれたナオミ・ワッツ。成長して、親と思ってた男に言い寄られ、でも兄と思ってた人に恋をして駆け落ち。血が繋がってないとはいえなあ。
弟と思ってた人にも助けられながら、なんとか隠れて生活をしてて、兄と思ってた男との間に子供も産まれるのだが…という話。

最初は、華やかなりし世界の闇とかそんなもんで、コスチュームプレイの退屈な映画かと思ったらそうではなかった。DVDジャケットからしてホラーっぽいが、途中から別の要素が入ってくる。実は兄と思ってた人には隠してる女性がいて、この女性はどこか狂人で、私が本当の妻だと言い張る。この狂人はどこか神出鬼没で、刃物振り回してるうちに兄と思ってた人を刺してしまうのだった。あとナオミ・ワッツの子供も病死したことになったり、でも生きてるんじゃないかとか、また親と思ってた男が言い寄ってきたり、弟と思ってた男が謎の言動を続けたり…色々ある。

色々ドロドロする。昼ドラっぽい。面白いかって言うと…微妙。
ドロドロの要素が、そんなに魅力的じゃないんですよね。ナオミ・ワッツは、まだ売れる前のナオミ・ワッツなんでしょうが、これまた普通の顔だ。

あと長かったかなあ。