チルドレン

チルドレン

伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。

面白かった。あっぱれだった。
二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。

陣内 というキャラクターの魅力のすごいことすごいこと。
おそろしいなこの作者は。

とても軽く、しゃれてて簡単に読めてしまうが、また読みたくなるような気がする。

うーん、すばらしいな。ぜひ読むべきだ。読みたまえ。

 

チルドレン
伊坂 幸太郎

死神の精度 グラスホッパー アヒルと鴨のコインロッカー 砂漠 魔王
by G-Tools

関連記事

ガラスの城 松本清張「ガラスの城」を読んだ。 これは結構面白かった。 話は二部からなっている。 最初は「三上田鶴子の手記」、次に「的場郁子のノート」という...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...
オリンピックの身代金 奥田英朗「オリンピックの身代金」を読んだ。 一気に読んでしまった。 どんでん返しとかはない。直球で良質。 これは映画化を意識してるんだろうなあ...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
終末のフール 伊坂幸太郎「終末のフール」を読んだ。 やっとこさ図書館から借りられた。えらい待たされたな… 感想としては、まあまあだった。いや、いまいちだったな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です