チルドレン

チルドレン

伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。

面白かった。あっぱれだった。
二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。

陣内 というキャラクターの魅力のすごいことすごいこと。
おそろしいなこの作者は。

とても軽く、しゃれてて簡単に読めてしまうが、また読みたくなるような気がする。

うーん、すばらしいな。ぜひ読むべきだ。読みたまえ。

 

チルドレン チルドレン
伊坂 幸太郎

死神の精度 グラスホッパー アヒルと鴨のコインロッカー 砂漠 魔王
by G-Tools

関連記事

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」を読んだ。 面白かった。 いやこれは非常に面白い本だった。久しぶりに「ああ読み終わるのがもったいない」と焦れながら読み...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
空飛ぶタイヤ 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。 面白かった。 フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のこ...
邪魔 奥田英朗「邪魔」を読んだ。 長い。そして力作。 「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。 なんでこうもごろごろ転がるかな...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です