チルドレン

チルドレン

伊坂幸太郎「チルドレン」を読んだ。

面白かった。あっぱれだった。
二つの時間軸での短編集。なんか繋がってる。

陣内 というキャラクターの魅力のすごいことすごいこと。
おそろしいなこの作者は。

とても軽く、しゃれてて簡単に読めてしまうが、また読みたくなるような気がする。

うーん、すばらしいな。ぜひ読むべきだ。読みたまえ。

 

チルドレン
伊坂 幸太郎

死神の精度 グラスホッパー アヒルと鴨のコインロッカー 砂漠 魔王
by G-Tools

関連記事

松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...
陽気なギャングが地球を回す 陽気なギャングの日常と襲撃...   伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」を読んだ。 「地球を回す」のほうが面白かった。「日常と襲撃」は完全に番外編...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です