サイエンス言誤学

清水義範「サイエンス言誤学」を読んだ。

うーむ…
「飛びすぎる教室」アウトテイクって感じ。

 
軽ーいエッセイ調で、ちょっとした話がずらーっと並ぶ。
どれもこれも、どこかで読んだような話。
(氏の知識モノをいくつも読んでいれば、なんかダブってることに気づくはずだ)

 
あっという間に読んでしまったし、正直な感想としては「あんまし面白くないから早く読み終えてしまおう」といったところだった。

 
微妙、でした。