イン・ザ・プール

イン・ザ・プール

奥田英朗「イン・ザ・プール」を読んだ。

へえーー面白かった。
とても軽いのが良かった。読みやすかった。

正直、こういうのばかり読んで「読書」というのもどうかと思うけど、これはこれで面白かった。

キャラクターが炸裂していて、気持ちよいという感じです。
読んでよかった。

次作「空中ブランコ」が、直木賞受賞なんですか。
とりあえず図書館に予約は入れた。

(空中ブランコを読むために、前作から読んだという流れではあるが)

 

イン・ザ・プール
奥田 英朗

マドンナ 空中ブランコ 陽気なギャングが地球を回す 最悪 東京物語
by G-Tools

関連記事

阿修羅ガール 舞城王太郎「阿修羅ガール」を読んだ。 俺は面白かったのです。(会社でそれを言うと、これのどこが面白いのか?と感性を疑われたのだが) うーん面白か...
Apple II 1976-1986 「Apple II 1976-1986」を読んだ。 面白かった。充実した内容であった。 Windowsが本格登場する以前、Apple II とい...
ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争... 「ゲーム開発最前線『侍』はこうして作られた―アクワイア制作2課の660日戦争」を読んだ。 これは面白いですね。 アクワイアのホームページを見ると...
みんながコレで燃えた!NEC8ビットパソコン PC-8001・PC-6001... PC-6001の本が出てたので買ってきた。 AXシリーズが収められているのは素晴らしい。オリオンとクエストは当時かなりやった。 しかし、なんとい...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です