イン・ザ・プール

イン・ザ・プール

奥田英朗「イン・ザ・プール」を読んだ。

へえーー面白かった。
とても軽いのが良かった。読みやすかった。

正直、こういうのばかり読んで「読書」というのもどうかと思うけど、これはこれで面白かった。

キャラクターが炸裂していて、気持ちよいという感じです。
読んでよかった。

次作「空中ブランコ」が、直木賞受賞なんですか。
とりあえず図書館に予約は入れた。

(空中ブランコを読むために、前作から読んだという流れではあるが)

 

イン・ザ・プール
奥田 英朗

マドンナ 空中ブランコ 陽気なギャングが地球を回す 最悪 東京物語
by G-Tools

関連記事

横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...
メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...
砂漠 伊坂幸太郎「砂漠」を読んだ。 面白かった。たいしたもんだなあ。打率高いよ(あくまで俺にとってのフィーリングですから)。 なんか学生の頃が...
スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学... 「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。 身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。 面白かった。 文章が平易でよい...
チンギス・ハーンの一族 陳舜臣の「チンギス・ハーンの一族」を読んでいる途中。 「十八史略」は宋の滅亡をもって終わり、「小説十八史略」では元のことにも少し触れてはいるものの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です