10億分の1の男

1000000000.jpg

「10億分の1の男」を観た。

かなり好き嫌いがわかれそうな映画だと思った。
設定が変ってて面白くなりそうな感じだったんだけど、そんなに楽しめなかった。

もっと娯楽作品になればいいのに、というもったいない作り方だった。
マックス・フォン・シドーが昔話を語るところは、かなり秀逸だった。

関連記事

ラッシュアワー3 「ラッシュアワー3」を観た。 いやー驚いた。これは驚いた。 すごい面白くなかった。 ストーリーが無いに等しい。 ギャグがさっぱり駄目。 ...
ブランデッド 「ブランデッド」を観た。 ロシアの映画。2012年の作品。凄い過去作品を無理やり発掘してきてDVDスルーのパターンなのかと思った。ジャケッ...
ロビン・フッド 「ロビン・フッド」を観た。 リドリー・スコットとラッセル・クロウということで、「グラディエーター」の期待がかかるというものだ。 実際、観...
エクソシスト 「エクソシスト」を観た。 それはそれは有名な作品だ。でも観たことなかった。そもそもホラー映画ってのにそんなに興味がなくて、怖いってことがあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です