3年で辞めた若者はどこへ行ったのか?アウトサイダーの時代

城繁幸「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか アウトサイダーの時代」を読んだ。

「若者はなぜ3年で辞めるのか?」の続編的な本。
昭和的な年功序列を見限って、若者は外資へ走る。そういった風潮に警鐘を鳴らすのは前回に引き続いて。
そして平成的な人々を取材してまわって彼ら彼女らの生き方を探る、そういった内容。

 
既得権をガッチガチに守ろうとする昭和的な会社などは、時代に取り残されて廃れていく。という主観を前提に置いているので、そういった会社はヤバいですよとか、生き方を考えなさいよとか、そういうテーマになっておる。

ただ読んでて思うのは、本当にそんな昭和的な世界が廃れていくかなあと。
そんな簡単に世の中は崩壊しないと思った。

 
前作のほうが面白かったかなあ。