フォース・カインド

「フォース・カインド」を観た。

アラスカのある地域の、変死怪死があいついだ事件を追う、ドキュメンタリー形式の話。
最初にミラ・ジョヴォヴィッチが登場しちゃって、これから奇怪な話を紹介しますと言い出す。実際の当時のビデオ映像をあわせてお見せするという。

だから観てて、あれ再現ドラマ見てるみたいだなあと錯覚する。再現ドラマだから。
ある意味、安っぽい。

不思議な現象が次々に紹介されて、それで実際の映像もチラチラ見せつつ、再現パートではミラ・ジョヴォヴィッチが同じセリフを使いこなして進行する。

書いてしまうと、これは実際の映像ってのも作り物であって、ドキュメンタリーっぽく作った創作のようです。ブレア・ウィッチ・プロジェクトなんてありましたねえ。あの手のプロモーションである。
ブレア?よりも仕掛けは極悪で、これが作り物だと発表してない。

まあ感想としては二つあって、まず再現パートがいるんかなあということ。
別にミラ・ジョヴォヴィッチがやってるからって、何もメリットがないような気がした。

それと、最後の最後に「信じるか信じないかは、あなた次第です」と言い放つところは、これは楽しすぎなんじゃないの?ということだ。
実際の映像とか、そのへんで「怖い怖い!」と入り込める人には面白いんでしょう。そのへん、観客の好意にかなり甘えてるというか、映画としては入魂な作りこみではないと思った。

人が浮くしなあ…屋根つきぬけるとかね。
ノイズを入れないで、ちゃんと見せてほしいと思った。