「ブルワース」を観た。

ウォーレン・ベイティの監督・主演。ハル・ベリーが出てる。ドン・チードルも。
調べてみると、ウォーレン・ベイティはこの作品のあと、ほとんど姿を消しているのですね。高齢だろうが、一時代を築いた人が何となくいなくなっていくのは寂しいもんだ。

政治家を強烈に皮肉った内容で、ある政治家が選挙活動の真っ只中で、なんかどうでもよくなっちゃってプツンと切れてしまって、好きなことを好きなように本音で喋り出す。秘書のオリバー・プラットが非常に良い味で必死に取り繕うんだが、ウォーレン・ベイティに本音が逆にうけていく。

貧困格差とか人種差別とか、そのへんも垣間見えて、その流れでハル・ベリーとも良い感じになっていくが…という話。

全体的には昔の映画って感じなのです。ウォーレン・ベイティの安定感ってやつだろうか。
ハル・ベリーも綺麗だし。
わりとテレ東で昼間やってるような映画なんだけど、そこそこ面白かった。

オリバー・プラットが良い味出してたな。

1998年(第71回)アカデミー賞
脚本賞ノミネート

 
ブルワース [DVD]

ブルワース [DVD]
チョコレート [DVD] ディボース・ショウ [DVD] U・ボート ディレクターズ・カット [DVD] トロイ 特別版 〈2枚組〉 [DVD] コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
by G-Tools