オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。

不思議な話だったなあ。面白かった。
わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。

他の作品よりも、作者の特徴が少ないと思った。

伊坂幸太郎を読むのであれば、避けて通れないと思うが、これから読まなくてもよいかな、て感じでしょうか。
最後、もうちょっと色々あればよかったんだけど。

「この島に足りないもの」の箇所、俺は「あれかな?」と推測したのだがそれは見事当たっていた。
おそらくこういう話であれば、おそらくあれじゃないかな、あれくらいしかないんじゃないだろうか、と推測したのだが、まあ当たっていた。

ええ、自慢ですよ。自慢ですとも。
文句のある奴は前へ出ろ。

関連記事

横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...
邪魔 奥田英朗「邪魔」を読んだ。 長い。そして力作。 「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。 なんでこうもごろごろ転がるかな...
2006年 上半期に読んだ本のベストをやってみる... 2006年になって半年過ぎた。ので、上半期に読んだ本のベストをやってみる。(ブログのカテゴリわけって、こういうとき便利だ) 対象となるのは、「2006年1...
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」を読んだ。 面白かった。 いやこれは非常に面白い本だった。久しぶりに「ああ読み終わるのがもったいない」と焦れながら読み...
I’m sorry, mama 桐野夏生「I'm sorry, mama」を読んだ。 なかなか面白かった。 最後のほうめちゃくちゃだったけど。 置屋に生まれて、誰が親だか...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です