空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

池井戸潤「空飛ぶタイヤ」を読んだ。

面白かった。
フィクションであり、小説であり、ですが。でもこれは、2004年の「三菱ふそうリコール隠し」のことを題材にしてるのは明らかである。(リコール隠しの詳細は、Wikipediaに詳しく載っている

 
2000年に三菱自動車でリコール隠しがあったにも関わらず、また2004年にリコール隠しが発覚して大騒ぎになった事件。
小説ではもちろん三菱なんて名前は出てこないが。

 
自動車に構造的な欠陥があって、それで人身事故が起きて、それで自動車会社側は整備不良だと結論づける。事故を起こしたほうは納得できずに社会的制裁に耐えながら、真相を解明しようとするのです。

ボリュームはあるが、むしろ読み応えがあるくらいでぐいぐい読まされた。
なんだろうこの作者は。

 
てっきり結末は裁ききれない巨悪って感じに終わるかな?と思ってたら、しっかり勧善懲悪。まあそれも良しか。

 
ちょっと読書は控えめにいこうと最近は思ったんだけど。
この人の他の本も読んでみたくなった。

 

空飛ぶタイヤ
池井戸 潤

どれくらいの愛情 一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ-- 四度目の氷河期 一瞬の風になれ 第二部 一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
by G-Tools

関連記事

ララピポ 奥田英朗「ララピポ」を読んだ。 これは…エロ小説か? いや、そこまででもないが。 そうか、そういうことか。奥田英朗が書きたかったのはこ...
2009年上半期に読んだ本 1月-6月に読んだ本で、初めて読んだ本で、小説。 いつものルールでまとめてみる。 東野圭吾「流星の絆」 東野圭吾「ガリレオの苦悩」 東野圭吾「聖女の...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
容疑者Xの献身 「容疑者Xの献身」を観た。 邦画を観るのって何年ぶりなんだろう。 この前、テレビでこの作品を上映していて、ついついちょいちょい見てしまい...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...