007 スペクター

007 スペクター

「007 スペクター」を観た。

Spectre

ダニエル・クレイグ版007シリーズの第4作だ。えらく宣伝されていて嫌でも目に入った。本作品からいきなり007シリーズを観始めたという人もいるのだろうか。

ダニエル・クレイグ版007はどれも安定したクオリティで、やや暗いがアクションにも最新作ぽい派手さがある。どれもお薦めだ。その中で本作「スペクター」は、やや取っ付きは悪いかもしれない。あと長い。他の「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」「スカイフォール」を順に観ておくと理解しやすいかもだ。

今回は悪役はクリストフ・ヴァルツ。物語のなかでかなり後乗せ感の強い設定だ。ふてぶてしさも相当のものだが、過去のマッツ・ミケルセンやハビエル・バルデムに比べれば小男感が強い。
ボンドガールはモニカ・ベルッチとレア・セドゥ。と聞いていたが、観てみるとモニカ・ベルッチは相当に脇役なんだな。あっという間に消えるし。「スカイフォール」のベレニス・マーロウと一緒だ。前例があるといっても、これをモニカ・ベルッチがやる理由ってあるのだろうか。
かたやレア・セドゥはがっつり出演だ。「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」では悪役だが脇役。でも存在感はなかなかのものだった。

観終わった感想としては、まあところどころのアクション(特に序盤は派手だった)は結構な迫力であったし、ダニエル・クレイグの漲る殺気っていうのは健在だし、協力者たちにも出番はあるし、何よりレア・セドゥだし、そういうことで集大成な感じはあったよねということでしょうか。突き抜けた面白さはないシリーズだけど、安定感はやたらある。

次回作はダニエル・クレイグから交代するのでしょうか。

関連記事

セント・オブ・ウーマン/夢の香り 「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」を観た。 これも久しぶりだ・・・ 今観てわかるのは、こいつはいい映画だよなあということだ。 たいしたもんだ...
愛する人 「愛する人」を観た。 ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、サミュエル・L・ジャクソン。他にもKerry Washington、Ji...
フィールド・オブ・ドリームス 「フィールド・オブ・ドリームス」を観た。 随分と久しぶりに観た。おそらく十数年ぶりに違いない。この映画は1989年の作品なので、おそらくビ...
ハプニング 「ハプニング」を観た。 楽しみにしてましたよ、M・ナイト・シャマラン。 なんだかんだ言って、新作が出たら観ずにはいられないのって、M・ナイト・シ...
ロボッツ 「ロボッツ」を観た。 がっつりCGムービー。ちゃんと親子で楽しむのに不安なし。話の最初っから特に説明なしにロボットだけの世界になっているが...
マイ・ブラザー 「マイ・ブラザー」を観た。 これは「ある愛の風景」のリメイクということだが、原作は観ていない。 トビー・マグワイア、ナタリー・ポートマン...