ファミリー・ポートレイト

ファミリー・ポートレイト

桜庭一樹「ファミリー・ポートレイト」を読んだ。

長かった。
「私の男」と似てなくもない。
ある女性の、5歳から34歳までの激動すぎる人生物語が続く。

主人公の母親は、元女優で人がびっくりするほどの美人で、でも男を殺して子供を連れて逃げる。
転々として、様々な環境で虐げられたりしながら成長していく主人公。どんな目に逢っても母親を愛して耐える。

描写は、桜庭一樹なのでそれなりに来てます。豚の加工工場のパートはちょっと引きながら読んだかもなあ。あれは読んでて辛かった。

やがて主人公は一人ぼっちになって、バーで働いたり、話題の作家になったり、それを捨てたり、まあ長い。
最後の、母親の元女優の姿と再会するところがとても綺麗な締め方だと思った。
ただ、そこに行くまでは長かった。

がっつり読後感。
だけど充足感てのはなかったかな。希望とかないし。
ドラマ原作本ぽいと感じた。

関連記事

私の男 桜庭一樹「私の男」を読んだ。 直木賞受賞作。題材が近親相姦で話題になった。 読みましたよ。電車の中でこいつを広げるのは少しためらうものがあったよ...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」を読んだ。 面白かった。 いやこれは非常に面白い本だった。久しぶりに「ああ読み終わるのがもったいない」と焦れながら読み...
青年のための読書クラブ 桜庭一樹「青年のための読書クラブ」を読んだ。 女子学園の秘められた100年史。連作短編のような。 物語間にゆるーい繋がりあり。ミステリーってほど...
ブルースカイ 桜庭一樹「ブルースカイ」を読んだ。 なんかライトノベルだった。 読んでて甘酸っぱい気分になった。「うわー俺こんなの電車で読んでやばくないだろうか...