聞かなかった場所

聞かなかった場所

松本清張「聞かなかった場所」を読了。
これも格別に面白いわけではなかったが、すいすい読めてよかった。

主人公の妻が、主人公の出張中に突然心臓発作で死ぬ。それが知らない場所だった。「聞かなかった場所」だ。

なぜそんな知らないところで死んだのか、主人公は少しずつ調べていく。
後半は少し話がかわっていくのだが、それについて詳しく書くわけにもいかない。

感想としては、前半はわりと面白かったのだ。後半、話を結末にむけて無理矢理進めたような。
まあ角川文庫の松本清張ものは面白くないという先入観がなぜかあったので、意外だった。

 
聞かなかった場所 (角川文庫)
松本 清張

聞かなかった場所 (角川文庫)
黒い空 (角川文庫) 山峡の章 (角川文庫 緑 227-30) 水の炎 (角川文庫―MATSUMOTO SEICHO COLLECTION (ま1-12)) 潜在光景 (角川文庫) 影の車 (中公文庫)
by G-Tools

 

関連記事

松本清張全集13 松本清張全集13「黒い福音」を読んだ。 併録は「アムステルダム運河殺人事件」「セント・アンドリュースの事件」「『スチュワーデス殺し』論」だ。 ...
松本清張全集4 松本清張全集4「黒い画集」を読んだ。 これは連作中短編。それぞれに関連性はないという作品集。昭和33年から35年にかけて週刊朝日で連載された。 ...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...
松本清張全集11 松本清張全集11「歪んだ複写・不安な演奏」を読んだ。 長編を二つ、という結構なボリューム。 「歪んだ複写」は昭和34年6月号?35年12月号で小...
松本清張全集2 松本清張全集2「眼の壁・絢爛たる流離」を読んだ。 阿刀田高の松本清張セレクションを読もうかと思ったが、松本清張全集があるのを見つけてしまったのだ。...