天才画の女

天才画の女

松本清張「天才画の女」を読了。
そんなに格別面白いわけでもなかったけど、すいすい読めた。それはよかった。

主人公は「天才画の女」ではない。さらにはその女が実際に出てくるのは物語のほんの冒頭だけだ。
あとはその女は出てこない。第三者から観ての登場だけだ。つうかほとんど登場しない。

物語の前半は女が天才画の女となる過程。後半はその絵の生み出される秘密が解明されていくくだり。
誰が主人公なのかはっきりせず、また殺人もなく(死人は出るが)、淡々と進行していく。

ミステリーって言うと少し違うのだけど、ミステリーに分類せざるをえないのか。
読みやすかっただけに、ちょっと中途半端な感想だった。

でも読んでよかった。

関連記事

松本清張全集16 松本清張全集16「地の骨」を読んだ。 なんとも…不思議な話。 殺人事件が起こるわけでもない。(最後の最後に死人は出る) ある大学の助教授(...
松本清張全集18 松本清張全集18「波の塔」を読んだ。 これは何というか、ドラマのノベライズのようだった。もしかしたら読んだことがなかったのかもしれない。 ミ...
松本清張全集8 松本清張全集8「草の陰刻」を読んだ。 二段組、400ページ超。 すごいボリュームだった。いつまでたっても物語が終わらないんじゃないかという錯覚を...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
松本清張全集15 松本清張全集15「けものみち」を読んだ。 面白かった。すごいボリュームでした。 ドラマは見てないけど、嫁に聞いた感じではちょくちょく脚色されてい...
松本清張全集19 松本清張全集19「霧の旗・砂漠の塩」を読んだ。 「霧の旗」「砂漠の塩」「火と汐」の中編三作を収めている。 共通点があるわけでもない…あえて言うな...