そして名探偵は生まれた

そして名探偵は生まれた

歌野晶午「そして名探偵は生まれた」を読んだ。

以前に読んだのが単行本で、こちらは文庫版。
表題作の「そして名探偵は生まれた」「生存者、一名」「館という名の楽園で」の三作品に加えて、ボーナストラックとして「夏の雪、冬のサンバ」が収録されている。
どこかでボーナストラックの存在を知り、読むに至った。ついでに前に読んだのも読んだ。

やっぱり「生存者、一名」が面白い。トリックとかの話はさておき、というやつで、結末がどうなるんだろうと気になって最後まで一気に読める作品。

もともと発表機会もバラバラで、ただまとめられただけの雑多な短編集だけど、どれもそこそこ楽しめる。ボーナストラックとかいう「夏の雪、冬のサンバ」は一発ネタというところで、まあ名前でミスリードしようとしたんだろうけど、歌野晶午の読者なら騙されることはないでしょう。

新作はまだかな…

関連記事

家守 歌野晶午「家守」を読んだ。 傑作短編集、とある。・・・傑作ではないが、実に歌野晶午らしい作品ばかりで、面白く読めた。 とにかく普通でなく何とかし...
正月十一日、鏡殺し 歌野晶午「正月十一日、鏡殺し」を読んだ。 どうなんでしょ。微妙だ。 短編集である。なんか浅い感じの内容だった。 この作家でなくて無名のだっ...
さらわれたい女 歌野晶午「さらわれたい女」を読んだ。   俺、勘違いしててこれを読んだものと思い込んでた。 新作は出てないのか…と図書館サイトの著作リストを睨...
放浪探偵と七つの殺人 歌野晶午「放浪探偵と七つの殺人」を読んだ。 これ読んだことなかったかも。歌野晶午作品にときどき出てくる、信濃譲二が活躍する短編集。 ほとんどの作...
世界の終わり、あるいは始まり 歌野晶午「世界の終わり、あるいは始まり」を読んだ。 なんというか不思議な本だった。 連続殺人事件があって、我が子がその犯人らしいと気づいて、父親...
そして名探偵は生まれた 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」を読んだ。 短編が3つ。 「そして名探偵は生まれた」は書き下ろし。初めて読んだ。「生存者、一名」「館という名の...