盗まれた街

ジャック・フィニイ「盗まれた街」を読んだ。

これは何かといえば、先日観た「インベーション」の原作だ。
これまで4度の映画化ということで、そんなに注目されてるもんかと思い、読んでみるかとなったわけだ。

 
読んでみると、まあ細かい筋の違いはあるけど「インベーション」と同じで、わりと新鮮味はなかった。
ストーリーは悪くないと思う。

翻訳を読むこと自体が、なんかハードルになってるので、読むということが作業になってしまってた。
この作者のをもっと読んでみたいとか、そういう風にならない。