チェーン・ポイズン

チェーン・ポイズン

本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。

面白かった。

自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。
そんなに説教臭いわけではないけど、自殺や死生観について色々な考えが述べられて、刺激になる。

なにより文章が良い。読みやすいし、追い込むような会話も散りばめられていて、ぐっとくる。

最後の大仕掛けについては途中で感じた。
おそらくそうなるんじゃないかと思っていたが、いい仕掛けだと思う。

ぜひ読んでみたほうがいいと思います。
おすすめ。

関連記事

スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学... 「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。 身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。 面白かった。 文章が平易でよい...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
松本清張全集1 「松本清張全集1」を読んだ。 収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。 「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックも...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...