チェーン・ポイズン

チェーン・ポイズン

本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。

面白かった。

自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。
そんなに説教臭いわけではないけど、自殺や死生観について色々な考えが述べられて、刺激になる。

なにより文章が良い。読みやすいし、追い込むような会話も散りばめられていて、ぐっとくる。

最後の大仕掛けについては途中で感じた。
おそらくそうなるんじゃないかと思っていたが、いい仕掛けだと思う。

ぜひ読んでみたほうがいいと思います。
おすすめ。

関連記事

プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
長崎乱楽坂 吉田修一「長崎乱楽坂」を読んだ。 実に吉田修一的だった。 これは代表作っぽいんですが、題名が面倒くさそうなので(なんという偏見)、読まないでいた...
飛びすぎる教室 清水義範「飛びすぎる教室」を読んだ。 清水義範と西原理恵子のコンビ作では最終作…?なんでしょうか。 雑談ぽくいろんなテーマを雑多にやる、という感...
メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
煙か土か食い物 舞城王太郎「煙か土か食い物」を読んだ。 いや、えらく面白かった。 なんすかこれは。こういう人がいたのか。 最初からすごい文体なんだが一気に...
横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...