チェーン・ポイズン

チェーン・ポイズン

本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。

面白かった。

自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。
そんなに説教臭いわけではないけど、自殺や死生観について色々な考えが述べられて、刺激になる。

なにより文章が良い。読みやすいし、追い込むような会話も散りばめられていて、ぐっとくる。

最後の大仕掛けについては途中で感じた。
おそらくそうなるんじゃないかと思っていたが、いい仕掛けだと思う。

ぜひ読んでみたほうがいいと思います。
おすすめ。

関連記事

プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
山ん中の獅見朋成雄 舞城王太郎「山ん中の獅見朋成雄」を読んだ。 面白かった。 冒頭からわけがわからなくって、途中からますます意味不明な展開になっていって、でも面白か...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
容疑者Xの献身 東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。 直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。 面白かった。 叙述であり...
阿修羅ガール 舞城王太郎「阿修羅ガール」を読んだ。 俺は面白かったのです。(会社でそれを言うと、これのどこが面白いのか?と感性を疑われたのだが) うーん面白か...
火の粉 雫井脩介「火の粉」を読み終えた。 うーん、最後は地味だった。 なんというか、ひねったとこはなく、王道のドラマのようであった。簡単にテレビ化できそうな...