チェーン・ポイズン

チェーン・ポイズン

本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。

面白かった。

自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。
そんなに説教臭いわけではないけど、自殺や死生観について色々な考えが述べられて、刺激になる。

なにより文章が良い。読みやすいし、追い込むような会話も散りばめられていて、ぐっとくる。

最後の大仕掛けについては途中で感じた。
おそらくそうなるんじゃないかと思っていたが、いい仕掛けだと思う。

ぜひ読んでみたほうがいいと思います。
おすすめ。

関連記事

戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...
横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...
Apple II 1976-1986 「Apple II 1976-1986」を読んだ。 面白かった。充実した内容であった。 Windowsが本格登場する以前、Apple II とい...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...